人気記事

    2010年11月11日

    復職して1年/誰のおかげだって話

    育休が明けて復職してから、1年が経った。
    早いもので。

    復帰当初は仕事も育児も中途半端なことや、
    失業したばかりだった夫へのいらだちで、
    いつもぐるぐる考えてばかりだった。

    私は会社で仕事をして、
    夫は家事と育児を中心的に担った。

    これがずっと続くわけじゃないと思いながら、
    目の前にあるやるべきことをただやった。
    ただやった、って感じ。

    仕事のことを考えるのは、くるしいこともあるけど
    それ以上に楽しいことのほうがずっと多い。
    自分の中に絶えず新しいものが流れ込んでくるのが、
    1年間止まっていた私には、すごく気持ちよかった。
    ようやく空気を大きく吸えた、みたいな気分。

    葛藤することはそれなりにあったけど、
    自分がちゃんと社会と接してるのがうれしかった。

    会ってみたかった面白い人にたくさん会えたし、
    国内だけでなく海外へも出張に行かせてもらったし、
    多くの場合、自分が納得するまで仕事をすることができた。

    それができたのは本当に夫のおかげ。
    夫はこの1年で別人のように家事・育児に長けた。
    特に、彼の子どもへの接し方は、自分にはないものだった。
    粘り強く、繰り返し、子どもの目線で、丁寧に語り接する。
    私は子どもに対しても飽きっぽいところがあったから、
    彼のそういう姿勢にとてもいろんなことを学んだ。

    自分がやってたときにはあまり価値が見出せなかった家事も
    夫にやってもらうと、ありがたいなとおもった。
    帰ってきたらごはんができてて、部屋が片付いていて、
    洗濯した服がたたまれてる。
    自分がしてたときは雑務!って感じだったけど、
    人にやってもらって初めて、そういう小さいことの積み重ねで
    家に帰ってきたときの安心する気持ちは作られるんだなとか。

    子どもの日々の成長は本当におもしろいし、
    感動することも多いけど、
    でも自分にとってこの1年は、
    夫の変化、っていうか今までもっていたなにかの開花?
    のほうがめざましかった気すらしてる。

    結婚して新たに気付いた嫌な点はない(あらかじめ知っていたものはある)けど、
    結婚して新たに気付いたいいところはたくさんある。

    去年は夫が仕事メインで私が家事育児メインで
    今年は夫が家事育児メインで私が仕事メインで
    毎年よきようにローテーションを組み替えていければ理想的。

    近所に住む、お互いの実家の家族にも
    すごくたくさん助けてもらった。
    実家に帰ると娘になってしまう。

    そして、保育園に本当によくしてもらった。
    徹夜明けでフラフラで保育園に送りにいって、
    イヤイヤ期になりたての息子に泣かれてパニックだったとき、
    ベテランの先生にやさしい言葉をかけられて、
    私もその場で泣いたことがある。

    なんといっても職場に本当にお世話になった。
    楽しい仕事をくださってありがとうございます。
    そして友達に話すと驚かれるくらい、いい人ばかり。



    本当に、いろんな人に支えられっぱなしの1年だった。
    あと数年は支えられっぱなしかもしれない。

    そのあいだに、次の人を支えられる力を
    粛々とたくわえなければいけないとおもう。



    もっともっとといきたいな。
    もっと、って言ってるときが
    いちばん楽しい。

    にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
    にほんブログ村
    posted by リョーコ at 00:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2010年02月11日

    職場復帰して早3ヶ月。とちょっと

    やっぱり仕事って、超おもしろいとおもうし、
    夕方までに終わらせて、その後は別の生活が始まるのにも慣れてきた。

    薦められて読んだ「35歳の教科書」で
    「大人を定義するなら、その条件のひとつは演じる自分を持つこと」
    っていうのにすごく納得した。


    35歳の教科書―今から始める戦略的人生計画

    35歳の教科書―今から始める戦略的人生計画

    • 作者: 藤原 和博
    • 出版社/メーカー: 幻冬舎メディアコンサルティング
    • 発売日: 2009/09
    • メディア: 単行本




    専業主婦だったとき、いろいろ煮詰まると
    「1年限定の専業主婦プレイをやってるだけだもーん」
    って自分に言い聞かせてたし、
    今仕事で落ち込むことがあっても、
    「家族を守るために会社員役に徹するんだ」
    と心の中でぶつぶつ言ってる。

    でも、つらいことよりも楽しいことのほうが当然多くて
    仕事してお金が稼げていろんな人とものすごい勢いで繋がれる喜びと、
    子どもを育てて成長を毎日夫と楽しみにして親に感謝しちゃう毎日が、
    両方楽しめるっていうのは、ほんとうーーに贅沢とおもう。

    もちろん1人じゃ絶対できない。
    職場ではみんなに助けてもらってるし、
    家庭では家事も育児も夫依存度が高い。
    でも、絶対いつか還元しようという気持ちはあたためつつ!

    posted by リョーコ at 06:54| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年11月22日

    雑感

    仕事ってのは筋肉だよな、と最近よくおもう。
    続けて働いてる人はやっぱり全然ちがう。後輩でも。
    休んでるとすぐ消える。
    蓄えるのには仕事するしかないんだよな。


    うちの会社は福利厚生はめちゃくちゃ手厚いけど、
    子どもをもって働きやすいってこととまったく同じ意味ってわけではない
    と最近気付いた。

    お金で保育の手を何重にも用意して今までと変わらずばりばり働くか
    子どもとの時間を優先しつつ社内の調整的な仕事を無理なく続けるか
    どちらかを選べるってことだとおもう。
    どっちも自分のしたい働き方とはすこしちがう気もする。

    同じワーキングマザーっていっても
    考え方は本当に人それぞれだとおもう。
    子どもを持つことで個人差が著在化してくる感じ。
    「二重三重保育してシッターさんを頼んでも
    仕事が好きで働きたいって人ばっかりでしょう、うちの会社」
    といわれ、うなずくところもなくはないけど
    みんながそうしてたら自分は違いますというのは 言いづらい。
    そうしなきゃ居場所がなくなるのかという懸念。

    そして子どもってびっくりするくらい熱出すのね。しらなんだ。。。
    今週は1日しか保育園行けず。しかもその1日も早退。
    会社に熱が上がったので迎えにきてくださいって電話がかかってきた。
    夫と、実家の母の力がなければほんとうに仕事できない。

    がしかし、
    とはいうものの、
    仕事は楽しい。
    自分がおもしろいとおもったことや感動したことを
    アウトプットできる場所があるってのは、すごくうれしい。
    会いたい人に会えて、いろんな場所に行けるのもうれしい。

    で、日中離れてると、子どもがほんとうにかわいい。
    帰ると、だっこをせがんで手をのばしてくる。
    10歩以上歩けるようになった。歩くと誇らしげ。
    おいしい?って聞くと、おいしい、っていってこめかみを押さえる。


    なにを犠牲にしてなにを選ぶ?どうすべき?
    とか考えるとわけわからなくなりそうなので
    やりたいと思ったことに忠実に、素直に取り組みます。

    それでダメならまた考えるよ。
    posted by リョーコ at 05:12| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする