人気記事

    2009年10月21日

    ワーキングマザーサロンの効用

    PA194062.JPG
    杉並区/下井草にて
    ワーキングマザーサロンを開催しました。

    PA194058.jpg
    6ヶ月までの赤ちゃんは同伴OKなので
    赤ちゃん連れのかたもいらっしゃいます。
    でも、お子さんのことをきちんと気にかけつつも
    ひとりの大人として熱く語れるっていうのは
    体力的にも精神的にも充実してるってことだとおもいます。
    (かなりスキルが必要!)

    PA194059.JPG
    サロンではコミュニケーションワークに取り組みます。
    その後の交流会でより深く話すためのとっかかりとして。

    PA194053.JPG
    赤ちゃん同士も交流してたり。

    PA194056.JPG
    今回の参加者のかたは、
    産後の自分のおもいにすでに落とし前をつけていて
    そのうえでこれからどうしていくかを見据えているかたばかりだったので、
    子どもを育てる環境を整えるために自治体にどう訴えていけばいいか とか
    子どものいない職場の人とどう接すればいいのか とか
    今ある職場での問題にどう向かい合えばいいのか とか
    かなり具体的な話になりました。

    考えるだけでなく、すでに行動に移している人も多く、
    その点ではとても刺激を受けました。
    たとえば参加者のイノシシさんが来月開催する
    「はじめての保育園in杉並」とか。
    http://ameblo.jp/h-m-inoshishi/entry-10368902579.html

    参加後の瞬発力もすごくて(笑)
    サロンの感想を当日のうちにブログにアップしてくださったKさんとか。
    http://ameblo.jp/kanekonyanko/entry-10368408255.html

    帰り道、脳内麻薬が排出されまくっていることを
    ありありと自覚できました。

    結婚や育児や仕事のかたちっていうのは本当にいろいろあって、
    こんなことで悩んでるのは私ひとりなんじゃないのか?
    この問題が解決する日なんてくるのか?
    っておもうときもあるけど、
    実は話してみると、わかり合える人がたくさんいたり、
    言葉にすることで気持ちが整理されて、解決の糸口がちょっと見つかったり、
    そういうことのきっかけにこのサロンがなればいいなと思っています。

    参加者のみなさん、ありがとうございました。



    posted by リョーコ at 17:36| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(1) | ワーキングマザーサロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年09月01日

    9月15日、NECワーキングマザーサロン@阿佐ヶ谷開催します!

    過去の記事で研修に参加したということを紹介しました
    NECワーキングマザーサロンを、9月より地元・杉並で開催します。

    子どもを産んで、母になったからこその社会との関わり方を
    語りたいというかた、興味があるというかた、
    ぜひご参加ください。
    今は働いていなくてもいつかは、と考えているかた、
    まだ妊娠の予定はないけどいつかは、と考えているかたの参加も歓迎です。

    当日はコミュニケーションを深めるためのワークに取り組みます。
    (そのワークの進行をするためにファシリテーターとしての研修を受けたのです)
    また、産後の体の不調に対するセルフケアや
    職場復帰への心構えなど、内容みっちり!のテキストをお渡しします。
    ↑これ、かなりオススメです!

    地域での仲間づくりの場として、有効に活用してもらいたいし、
    自分も参加者の一員として有効に活用していきたいなと思っています。
    ぜひぜひご連絡お待ちしています。

    ※この会は「ゆかいな育児休暇プロジェクト」と
    NPO法人マドレボニータの主催で、
    NEC社会貢献室より協賛をいただいています。


    ■日時 2009年9月15日(火)10:00〜11:00 
        ※その後自由参加の懇親会あり

    ■場所 阿佐ヶ谷地域区民センター 第一和室
        JR阿佐ヶ谷駅から徒歩2分

    ■参加費 無料 ただしテキスト代として500円いただきます

    ■対象 育児休暇中の方、いずれ再就職を考えている方、
    ワーキングマザー、子育てしながら働くことについて考えたい方。
    ※生後210日までの赤ちゃんは一緒にご参加いただけます。
    それ以降の場合は、信頼できるかたにお子さんをお預けになって、
    単身でご参加ください。

    ■お申し込み
    下記項目を記入の上、
    suginamiwms@gmail.comまでお送りください。
    折り返し詳細をご案内いたします。
    《件名》WMS申込:9/15・お名前
    《本文》@氏名 A住所 B電話番号 C職業や現在の状況、復帰予定など D産後年月数 E参加動機 F何でこの会を知りましたか?
     

    ●NPO法人マドレボニータ:マドレボニータとは、スペイン語で“美しい母”という意味。「美しい母がふえれば、世界はもっとよくなる」をキャッチフレーズに、1998年より産後女性の心身のヘルスケアプログラムの開発・研究・普及を行っているNPO法人です。 http://www.madrebonita.com

    ●NECワーキングマザーサロン:NPO法人マドレボニータとNECが、社会貢献活動の一環として協働して行う、子育てしながら働く女性のクオリティ・オブ・ライフの向上を目的とした支援プログラムです。 http://www.nec.co.jp/community/ja/div/mother.html


    posted by リョーコ at 14:02| 東京 ☁| Comment(0) | ワーキングマザーサロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年08月19日

    NECワーキングマザーサロンファシリテーター研修 その2

    P8191138.JPG
    NECワーキングマザーサロンファシリテーター研修2日目。
    そして最終日。

    会うのはまだ2回目だけど、メンバー全員名前と顔が一致する。
    ふだんは物覚えが悪いのに。
    それくらい一緒に過ごした時間や話の内容が濃いんだと思う。

    2週間オンラインではかなりいろいろ意見交換したりしたけど
    実際会うと、予想もしない方向に議論が転がっていったりとか
    表情とか声のトーンってものすごい情報量なんだなとか
    そういうことに驚く。

    ひたすらデモンストレーション。
    中学時代の放送部での発声練習と
    大学時代のキャンパスガイドバイトのことを思い出した。
    当時はムダだとまわりに言われたり、自分でもまわり道に思えたことが
    意外とのちのち役に立ったり、って最近よくあります。
    そのときできることを一生懸命やろう。
    そのあとのことはやってから考えよう。

    画像は交流会を開催するときに着るTシャツ。
    とってもかわいい。でもちょっと小さい。
    猫背にはなれません。はっ! そういう意図か…

    *

    研修終了後、職場の読者イベントを見るために国際フォーラムへ。
    ファッションショーが終わってた…! 
    でも、学園祭ならではのウワーッていうエネルギーは健在で、
    この空気を吸ってたいんだったと思い出した。

    若い女の子たちはかわいいんだけど、
    ほとんどが姿勢が悪くて、似合ってるこもそうでないこも同じ服を着てて、
    もったいない感じがした。雑誌のせいか。そうか。
    うーーん、そういうのが楽しいのもわかる。
    だって私だってこないだまで若い女の子だったからさ。
    でもそうでない方向、もっと自分の個性をかわいく見せるような
    そういうご案内ができればなーなどと悶々しながら帰路につきました。

    posted by リョーコ at 23:21| 東京 ☀| Comment(0) | ワーキングマザーサロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年08月13日

    産後クラス@東高円寺に

    P8120945.JPG
    参加してきました。

    シェアリングなどワークの進め方を勉強したくて、
    白石先生にお願いして体験させてもらうことに。
    スタジオまでの道が高校への通学路と同じでなつかしかった。

    自分がリアル産後で、赤ちゃんを抱いて参加してるときは
    意識はほとんど赤ちゃんのほうを向いてるし、
    息子がぐずったふりをして腹筋とかさぼるし、
    とにかく体はままならなかったし、で
    今回と全然状態が違ったんだなあということを実感。

    それに比べると、今のからだは
    まだまだ不備はたくさんあるけど、
    妊娠前と比べてもかなり扱いやすくなったと思う。
    思いきり体を動かすのはすごく楽しかった。

    そしてこういう産後ほやほやで、いろいろままならない人たちと
    一緒に場をつくるってことがどういうことなのかをいろいろ考えた。
    自分がそれくらいのときは別に普通!と結構思ってた気がする。
    普通じゃなかったな、と今になって思う。

    生後3ヶ月の赤ちゃんのちいささにショックを受けたよ…。
    かわいい…。自分が只中にいるとほんとにいろいろ見えなかったな…。
    posted by リョーコ at 23:27| 東京 ☀| Comment(0) | ワーキングマザーサロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年08月05日

    NECワーキングマザーサロン ファシリテーター研修その1

    P8040655.JPG
    NECワーキングマザーサロン ファシリテーター研修
    参加してきました。

    NEC社会貢献室とNPO法人マドレボニータが協働で
    2年間開催してきたワーキングマザーサロン。

    このサロンを開催したノウハウを使ってさらに広く、
    働く母たちが交流できる場をつくる
    ファシリテーターを育成しよう
    という今年始まったばかりのプロジェクトです。

    私自身マドレボニータのクラスを通じて出会った友達に
    本当に救われたというか、出会えてよかったなー
    と思っていて、

    これから自分が働く母になって
    シェアできるいろんな経験をするはずだし、
    いろんな人の経験を聞きたいし、

    で、
    そうしたら自分で交流できる場を開催するスキルを
    身につけるのがよいかも!と思って参加した次第。


    *

    10:00きっかりにスタートし、
    参加者の自己紹介、
    サロンと研修の概要の説明、
    それにまつわる質疑応答で午前の部は終了。

    質疑応答がものすっごい突っ込んだ内容で、
    今までぼんやりとしたイメージしか湧いてなかった交流会が
    次第にリアルに浮かんできて、ぞくぞくした。
    いろんな意味で。

    お昼はサク飯(って言葉久しぶりに使った…毎日毎食使ってたのに)して
    名刺交換。こんなに大勢の人と子どもを介さずに会うのは
    めちゃくちゃ久しぶりで、うまくしゃべれない。
    名刺を出すと思わず、社名と編集部名と旧姓を名乗りそうになる。
    あのころはすべてだったアイデンティティが今は様変わり。

    濃い、おもしろい人がたくさん集まってる。

    午後はGOOD&NEWとシェアリングというワークに取り組む。
    今までマドレのクラスで何度かやったことがあったけど、
    自分が進行役にまわることを想定しながら聞くと
    全然見え方がちがう。
    さりげない言葉のひとつひとつにも
    意図が込められていて、驚く。

    6時間の長丁場。
    これだけ集中して、長時間、子どもがいない場所で
    なにかを学ぶということがとても久しぶりだったので興奮。
    課題の多さにひるむ気持ちもあるけど、
    それを楽しみな気持ちが断然上回ってる。
    大学のとき、社会人学生はなんで忙しいはずなのに
    あんなに勉強熱心なんだろ?と不思議だったけど今はわかる気がする。

    自分の意思でやることはおもしろいし、
    制約があるほど短時間に集中するようになるから。
    「テーマをもつ」「短時間に区切る」ことはここでも有効なんだとおもう。

    次回は再来週。
    復習をしっかりして臨みたいとおもいます。

    写真撮る余裕もなかった、、、
    画像はサロンで使用するテキスト。
    これから読み込みます。
    posted by リョーコ at 00:17| 東京 ☀| Comment(4) | ワーキングマザーサロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする