人気記事

    2014年01月22日

    無料なのに大充実の子ども専用植物園|シンガポール&プーケット子連れ旅行@4歳&5か月

    DSC02361.JPG

    シンガポールに住んでいた友人にすすめてもらった
    ジェイコブバラスチルドレンズガーデンがよかった。

    シンガポール植物園に隣接している、12歳未満とその保護者専用の公園で
    植物園のように植物の説明や、光合成のしくみなどが解説してありつつ、
    遊具や水遊びスペースもある。
    シンガポール植物園は有料だけど、こちらは無料。



    近所の学校から、校外学習みたいな感じで来ている小学生がたくさんいた。
    中華系で、友人同士話すときは中国語なんだけど、
    先生と話すときは英語で、手元の課題も英語で書いていて、
    その使い分けがあまりにフツーで衝撃を受けた。

    公園で遊んでいても、
    兄弟ではマレー語で話してるけど
    息子に遊ぼうと声をかけてくるのは普通に英語だったり。
    幼児だけど。

    流暢じゃなくても、ネイティブのような発音じゃなくても、
    そんなことよりも自分の言いたいことを伝えることができて、
    相手の考えることを汲めるような言葉を身につけたい、
    というかそんな悠長な話でもなくて、
    できないとまずいのではと思った。

    子どもにもだけど、まず自分。


    posted by リョーコ at 05:33| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2013年12月11日

    家族4人で14uのホテルに泊まってみた|シンガポール&プーケット子連れ旅行@4歳&5か月

    9日間シンガポールに滞在する中、
    全部マリーナベイサンズに泊まれるほど
    リッチではない我が家。

    折しもF1の時期でシンガポールのホテルは
    1年で1番高騰&満室に。
    そんな中、1泊1万円の予算で探して宿泊したのが
    Hotel81 Dickson

    はっきり言って大失敗だった!
    4人で14uに6日間は無謀過ぎた!


    子どもがふたりいるとダブルベッドで添い寝は厳しい

    DSC02359.JPG

    4歳と0歳だと、添い寝なら追加料金なしで宿泊可能なところが結構あった。
    でも、ダブルベッドでそれは相当苦しい。

    4歳の寝相は激しいし、それに0歳がつぶされないか心配だし、
    みんな縮こまって寝るから体が痛いし、
    観光で疲れて帰ってきてもゆっくり眠れないと
    イライラしてケンカが増えるし、
    ここはケチってはいけないポイントなのだ...とよーーくわかった。

    (でも、ここはそもそもエキストラベッドの選択肢もなかった)



    部屋の狭さを動画で記録した。
    今回、どこ行こうかな?って考えたとき、
    動画を参考にすることが多かった。
    言葉がわからなくても動画ならわかるから。
    だから、今回の旅行に関するブログも
    なるべく動画もいっしょにあげていきたい。


    子どもがいるなら、ダイニングテーブルは必要だ

    DSC02567.JPG

    夜になると子どもは疲れて、
    テイクアウトして部屋で食べることが多かったんだけど、
    14uだからテーブルはなくて、
    床にレジャーシートを敷いて食べたりしてた。

    大人だったら、どこで食べてもいいんだけどさー。
    子どもは↑こうやって食べたら絶対こぼす。
    食べにくいと食べないし。

    「マリーナベイサンズに戻りたい」とか言われると
    かなりツラかった。


    でもホテル81ディクソンが悪いわけじゃない!

    完全に悪いのは、用途を間違えて宿泊した私です。

    ひとり旅、もしくは大人2人くらいで
    ガンガン外に出て観光するんだったら
    すごくいいホテルだと思う。

    清潔だし、ネットも早いし、
    立地もいいし、スタッフも親切。
    徒歩圏内でいろいろ見て回れる。

    コンビニもコインランドリーも近くにあるので、
    そこそこ長く滞在するにも困らない。

    DSC03065.JPG

    ホテルの真裏にあったレストラン。
    朝食がおいしくて、毎日のように通った。

    DSC03070.JPG

    アラブストリートのサルタンモスクまで
    徒歩10分くらい。

    DSC03094.JPG

    モスクの正面にあるイスラムのレストランがおいしかった。
    長男と、イスラム教について話したりした。


    シンガポールって多民族国家なんだなと実感

    ホテルがあったのはリトルインディアで、
    清潔で整えられているけどちゃんとインドだった。
    そこから少し歩くとアラブストリートで、
    道を1本隔てただけで、人も売っている物もがらりと変わる。

    毎朝行っていた食堂は、オーナーはバングラディッシュ人で
    作っているのはインド人で、ウェイトレスはマレー人だった。
    メニューも、いろんな土地の料理がミックスされていて
    その由来を聞くだけでおもしろかったし、
    毎日通っても飽きなかった。

    いろんな人種が、それぞれの文化を持ち寄りつつ、
    お互いを否定せずに、同じ場所で暮らしていけることが
    東京にしか住んだことがない私には、けっこう驚いたことだった。

    みんな2つか3つの言語は話すことができて、
    それがお互いに歩み寄るための余地のように見えた。
    英語を満足に話せない自分は、
    狭量な人間のように思えた。

    このエリアに宿泊すること自体は
    すごくおもしろい体験だったなー。
    でも、次に泊まるなら
    全員が寝返りを打てる広さのところに泊まりたい!
    posted by リョーコ at 06:24| シンガポール | Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2013年10月06日

    マリーナベイサンズは子連れにはよい選択|シンガポール&プーケット子連れ旅行@4歳&5か月

    iphone/image-20131005143028.png

    この旅、最初の宿泊先はマリーナベイサンズ。

    成金っぽくてあんまり興味がなかったんだけど、
    泊まってみたら子連れで行くにはラクでおもしろい場所だった。


    アミューズメントパークとして割り切るなら、大いにあり!

    接客は機械的で感じはよくなかったし、
    ホスピタリティとかを期待してるとがっかりしそうだけど、
    こういうアミューズメントパークなんだと思えば
    かなり楽しめる場所。

    巨大だけど、歩いて回れる範囲に見どころが凝縮されていて
    子連れにはとてもありがたい。
    疲れたら部屋にすぐ戻れるし。
    我が家は2泊したけど、全然飽きなかった。

    DSC01952.JPG

    プレミアの部屋で、14階。バスタブつき。
    カウチソファがあったので、
    エキストラベッドを入れなくても広々寝られた。

    ガーデンべイサンズがよく見えた。
    夜になると打ち上げ花火が上がる。





    インフィニティプールは大人も子どもも楽しい

    DSC02192.JPG

    宿泊者だけが入れる57階のインフィニティプールは、
    見た目以上にたのしい!
    気分もあがる!

    宿泊者はプールに入場できるカードをもらって、
    それをプールの入り口で提示するとリストバンドがもらえる。
    そのリストバンドがあれば、一日中何度でも出入りできる。
    チェックアウトしたあとでも入れるのは良心的。

    DSC01972.JPG

    image-20131004221858.png

    次男、初プール!
    あかちゃんって全然水を怖がらない。
    いつから怖くなるんだろう。

    浅い子ども用プールもあるし、
    大人専用のエリアもある。
    体が冷えたらジャグジーもあって昼間は子どもが入ってたけど、
    夜にセキュリティの人が来て、16歳未満は入っちゃだめと言われた。

    DSC02118.JPG

    夜のほうが混んでた。
    いろんな国の人が、思い思いのポーズや構図で
    記念撮影をしてるのを見るのが楽しかった。
    F1の時期だったので、屋上からライトアップされたコースがきれい。
    ちょっぴり寒いけど。

    1泊3万円くらいだったので、2泊しかしなかったけど
    家族は「滞在日数を減らしてでも
    もっとここに泊まりたかった」って言ってた。

    DSC02077.JPG

    素晴らしい夜景の前でもケンカしていて、
    どんなに遠くにきてみても、家族といるとすべてが日常になるなー
    とおもいました。
    posted by リョーコ at 07:41| シンガポール ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2013年09月26日

    初の4人旅|4歳児&0歳児とLCCでシンガポールへ!

    DSC01862.JPG

    日本に台風が直撃した日、
    4人で初めて旅に出た!
    (この写真、ちっちゃいゴリラポッドで手すりに固定して撮ったら
    カメラが重すぎて落ちそうになってドキドキした)


    京成スカイライナー、すばらしい

    台風関東上陸と言われていた日だったので
    航空会社から前日の夜に
    12:00発のフライトを17:30発に変更するというメールがきた。

    そしてフライト当日。
    新宿駅で成田エクスプレスが止まっていることを知る。
    そこで日暮里へ行き、初めて京成スカイライナーに乗った。
    スカイライナーはちゃんと走っていて、めちゃくちゃ早くて、しかも安い。
    ちゃんとおむつ替え用のベッドもついてたよ。

    次男、初めての飛行機。
    ちなみにこの日で5ヶ月。

    iphone/image-20130921164158.png


    台湾のLCC、scootでシンガポールへ

    台湾乗り継ぎで、シンガポールへ行きます。
    台風で欠航になった便がけっこうあって、空港はカオスだった。

    iphone/image-20130921164321.png

    スカイスキャナーで相場をなんとなく調べてから、
    航空会社のウェブで直接チケットを購入しています。
    基本的に2歳から大人と同額で、
    2歳未満は大人の20%の金額だったりするけど
    Jet starは幼児が50ドルで定額な便があって、大人チケットより高かった。
    大人チケットがすごく安いんだけど。


    機内での子どもたち対策

    機内に乗ったら即寝る4歳児。
    本当にラクになった...
    起きててもiPadがあれば、全然平気。

    DSC01894.JPG

    0歳児は離陸直前まで起きて遊ばせて
    直後に授乳するようにタイミングを合わせる。
    そうすると、機内では寝る。

    でも、今回は台風の影響で
    着席してから2時間待ちとかだったので
    あんまり意味なかった…。


    Scootはあんまり子連れに優しくない印象

    台風で予定が狂って不機嫌だったせいもあるかもしれないけど
    印象的なくらいCAがムスッとしていたScoot。

    image-20130921165840.png

    機内食に子ども用のメニューはなし。
    セットを予約したら、飲み物がコーラしか選べなくて子どもは飲めず。
    味も今ひとつ。
    ロングフライトじゃなかったら、頼まなくてよかったかな。

    LCCなので座席指定すると別料金がかかるから
    指定はしていないけど、
    2時間前くらいにチェックインすれば
    バラバラになることはまずない気がする。
    バシネットはなかったけど、おむつ替え用のベッドはあった。


    台湾で乗り継ぎ→シンガポールへ

    約3時間で台北着。

    image-20130921165549.png

    手書きでチェックイン。

    image-20130921165648.png

    最初は短時間での乗り継ぎ、面倒かな?と思ったけど
    初めて飛行機に乗る子どもを連れてると、
    機内での様子がわからないから、短時間フライトでよかった。
    次男も、乗り物への抵抗感(?)があまりない赤ちゃんで安心。

    この時点で23時過ぎ。
    次男のだっこを夫と代わりながら、
    ときどきうとうとする。
    約4時間でシンガポール・チャンギ空港に到着。


    シンガポールのすごさを到着1時間で知る

    タクシーで市内へ、15分くらいで着いた。便利すぎる。
    運転手さんは日本語がうまかった。
    さらに英語と中国語も話せる。すごい。
    街はF1モードで、道がライトアップされていた。華やか。

    ホテルにチェックインしたのは朝5時。

    image-20130923070020.png

    子どもたちはハイで、このあとぱたっと寝た。
    私もいっしょに寝た。

    image-20130923070048.png

    posted by リョーコ at 08:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2013年09月12日

    4歳&5か月の息子たち+夫と、 1か月間シンガポール&プーケットに行ってきます

    4人家族になって初めて旅にでます。
    シンガポール+プーケットで計1か月。
    夫は仕事を休み、4歳の長男と5か月になりたての次男といっしょです。
    この育児休暇中にこれからも何度か行くかもしれない。

    赤ちゃん連れてそんなに長く行くの?とか
    子どもがかわいそうじゃない?とか
    家族はどうするの?とかよく心配されるので
    なぜ自分はこんなにも今行きたいって衝動のように思うのか
    理由を整理してみました。


    ひとつめ 昔から外国で長く過ごしてみたかったから

    生まれてからほとんどの時間を東京だけで過ごしていて、
    ほかの場所で暮らすことにすごくあこがれてたから。
    結果として、生まれ育ったこの場所がいちばんいいってなるなら
    それはそれでうれしい。

    高校も大学も社会人になっても子どもを生んでも
    常に目の前にやりたいことがいっぱいあって、
    ずっとそれを先送りにしてきちゃったので今しかないと。
    1年後に死ぬなら、いちばん後悔しそうなことはそれなので。
    ちょっとやったら気が済むかもしれないし。

    長男のときも何度か旅行していて
    いちばん大変なのは移動で、
    ついてしまえば楽しいことが多いとわかったので
    せっかく大変な移動をするなら長い時間過ごしたいなと思ったのでした。


    ふたつめ 赤ちゃんのお世話はここでなくてもできるから

    乳児といっしょにいるのって
    常に両手はふさがってるけど、精神は空いてるので
    これは別に東京じゃなくてもどこでもできるし、
    ここまで自分のすべてで向き合うなら、
    せめてどこでやるかくらい私の好きなようにしよう
    とひとりめの育休のときに思ったから。

    衛生状態とか治安とかの心配はもちろんあるので、
    行く場所はひとりで行くときみたいに気軽には決められないけど、
    世界中に赤ちゃんはいて、みんな子育てしているので
    そこまで神経質にならなくても大丈夫な気はしてる。


    みっつめ 家族で長い時間を共有したかったから

    上の子が11か月のときに復職して、
    それから気付いたら大きくなってた、って感じるくらい
    時間をかけてこられなかった思いがある。
    小学校に入ったら親の都合で休ませられないだろうから、
    その前の今思う存分いっしょに過ごしたいなと。

    「育児休暇」はもちろん下の子、赤ちゃんのためなんだけど
    仕事をしているときにかまってあげられなかった上の子と
    たくさん時間を過ごせる意義もとても大きいと思う。
    今まで行き当たりばったりだった家族への関わり方を
    夫といろいろ話し合って、これからどうしていきたいかを
    話し合ったりもしたい。


    なかなか頭でっかちなことこと考えてるなーと
    我ながら思うけど、言葉にすると
    自分がどうしたいのかがちゃんとわかって
    迷いにくくなるからいいな。
    って思うくらいには、いろんなことに迷っています。
    posted by リョーコ at 06:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2013年09月09日

    L.L.Beanのキャリオール・ローリング・ギア・バッグを買った

    来週から4人家族になって初めての旅行。
    そのために大きなバッグを購入しました。

    L.L.Beanのキャリオール・ローリング・ギア・バッグのエクストララージ。
    113リットルで17000円はかなりリーズナブル。
    http://www.llbean.co.jp/shop/g/g0FVK411000/

    image-20130909165418.png

    自立する。
    まだ中身が入っていないからくたっとしちゃうけど。

    image-20130909165456.png

    ポケットいっぱい。
    どこに何を入れたかを覚えていられるなら便利。

    image-20130910072526.png

    大きさ比較。
    4か月の赤ちゃんよりはだいぶ大きい。

    image-20130909165608.png

    モノグラムを入れた!
    自分だけの、って感じでうれしい。

    赤ちゃんを含む4人家族で1か月分の荷物、というと
    どれくらい容量がいるのかちょっとわからないけど
    少しずつ荷造りをしてみようと思います。
    posted by リョーコ at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2013年08月14日

    生後3ヶ月、パスポートの写真を撮る

    新宿のパスポートセンターの横にある
    証明写真の撮影コーナーで、
    もうすぐ4ヶ月になる次男の
    パスポート用写真を撮った。

    image-20130814185602.png

    ものすごいニコニコしたり、
    よだれを垂らしたりしてたけど、
    ちゃんとできあがり。

    image-20130814185719.png

    支えてる夫の親指が写っていて
    みんなで笑った。

    モノクロは1200円、カラーは1500円。
    ミャンマーに行く場合はカラーじゃないとダメ、
    と受付に書いてあった。

    4歳の長男もついでに更新。
    もう大きいからとスピード写真で撮ったら
    明らかに斜に構えてた。
    子どもじゃなかったら、撮り直しを命じられたと思う。

    長男が0歳で初めてパスポートを撮ったときの記事があった。
    http://kodomototabi.seesaa.net/article/116749379.html
    もう別人すぎて、入国審査でいつも笑われる。

    出来上がりが楽しみだなー
    posted by リョーコ at 19:14| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2012年08月15日

    養父市大屋町旅行@3歳9か月〜できごと編〜

    学生時代の友だちが、縁あって大屋町というところに住んでいて
    とてもいいところだから遊びにきなよ
    と言ってくれたので、息子とふたりで遊びに行った。

    新幹線で京都まで行って、そこから特急電車を乗り継いで2時間。
    兵庫県養父市の八鹿(ようか)駅についた。

    P8100587.JPG

    夕方なのもあるけど、明らかに東京より涼しい!
    友だちのアレックス(というニックネームの自由な日本人)が車で迎えに来てくれた。
    駅からさらに車で20分。

    431479_485808311446634_270623438_n.jpg

    見渡す限り、山と畑と田んぼ。
    車が運転できない私は、徒歩圏内にコンビニがないと若干心もとなくなる。
    でも、着いてすぐ、アレックスがすてきな人を紹介してくれた。

    野菜を作っていて、鶏を飼っていて、蜂蜜も作っている上垣敏明さん。
    敏明さんの畑で、ものすごく元気なたくさんの野菜と、
    野菜が元気な理由を教えてもらった。
    敏明さんのエネルギーとオープンさはすごくて、
    それから3泊、敏明さんの家で私たちは食事をごちそうになり、泊まらせてもらった。

    P8120624.JPG

    547120_485809884779810_858875676_n.jpg

    毎食、収穫したての野菜をたっぷりごちそうになった。
    本当においしい!!
    初めて養蜂をしている現場を見せてもらった。
    その場で、巣ごと蜂蜜を味見した。混じり気のない味。
    羽音で蜂の機嫌がわかるんだそう。

    426708_485808888113243_1837613358_n.jpg

    鶏小屋で、卵を取に行かせてもらった。
    息子がいろいろ鶏に話しかけると、応えるように
    近づいて来たり、鳴いたりしていた。

    P8120618.JPG

    P8130627.JPG

    そのフンが野菜の肥料として使われ、
    あまった野菜は鶏たちのエサになる。
    無駄がない。美しい。



    息子とふたりきりの旅行は
    7か月の頃行ったバリ島以来だけど、
    そのときとは質は違えど結構大変だった。
    我も主張も強くて言い出したら聞かないし、
    しかも体力はまだあんまりないから、途中で寝ちゃうし、そうするとかつがなきゃいけないし。
    人見知りはするし、恥ずかしがりだし、でもかまってほしいし、
    もう、これ以上ないってくらい人間らしい。

    でも、今の時期にいっしょに(私にとっても)初めてのことを
    たくさん経験できてよかったと思う。

    これは、もう本当に、ひたすらに
    アレックスと敏明さんのおかげ。
    ふたりに出会わなかったら、町の印象は全然異なったものになったと思うし、
    そもそも来ることもなかったかもしれないし、名前も知らないままだったかもしれない。

    その場所が魅力的になるのは、出会う人に拠るところが大きいし、
    自分がどこにいても、自分自身がおもしろい風味を持ってるなら
    おのずとその場所もおもしろくなっていくんだろうなと思った。
    人は魅力的な人のもとに自然と集まる。

    そして、なにより食の大切さ。
    私は食べることがもう本当に好きで好きで楽しくてたまらない。
    でも、その表面的な楽しさや美しさにかまけて
    命に直結するものを適当に選んでいるとしたら、恐ろしいことだなとも思う。

    ここで考えたいろんなことは、またあらためて。
    posted by リョーコ at 00:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2012年05月11日

    今帰仁&渡嘉敷旅行@3歳7か月〜今帰仁編〜

    今帰仁(なきじん)は、那覇空港から車で約2時間。

    緑深くて、海もきれいで、子どもがいたらまず鉄板な
    美ら海水族館も近い、ということで滞在することにしました。
    梅雨入りしたから、雨でも楽しめる場所のほうがいいかなーと思って。

    なきじん海辺の宿というところに泊まった。

    P5025369.JPG

    サブタイトル(?)が「なきじん海辺の自然学校」だよ! 超気になる!
    行くまでの道は舗装されていなくて、しかも横はすぐ海で
    けっこうドキドキしたけど、着いてみたらいいところだった。
    部屋はこぢんまりしているけど清潔だし、目の前一面海だし。
    いろんな意味で、学校っぽい。食事の時間に放送があったり。
    ゆんたくがあるときも放送がある! 臨海学校か!
    もうちょっと子どもが大きくなって、いっしょにいろいろ体験できたら楽しいだろうな。



    ものすごい大雨が降り注ぐ日に、宿の前の海でシュノーケルをした。
    (シュノーケルは5歳から。これ、本当に子どもといっしょにやりたい!
    私はどうしてもやりたくて、夫に子守りを任せてひとりで行きました)

    P5015196.JPG

    水面に顔をあげると雨音がざーざーうるさいくらいなんだけど、
    頭を沈めると、海の下は静かなちがう世界が広がっていて、不思議だった。
    ウェットスーツを借りたら、1時間くらい水中にいても全然寒くなくて、
    こっち側の世界にはまる人の気持ちもすごくわかるなーと思った。

    そして、海の中でも防水のカメラで写真を撮ってくれて
    それを帰りにCDRに焼いてくれて、うれしかった。



    P5015362.JPG

    夜は紙粘土でシーサーを作ったよ。
    3歳児も楽しんでた。
    なぜかコンバインを作ってたけど(笑)!

    P4305163.JPG



    美ら海水族館は、やっぱり子どもがとっても喜んだ。
    もちろん大人も楽しい。
    『ファインディング・ニモ』を何度か観てたので、全部その登場人物に見えるらしかった。

    P5015204.JPG

    P5015216.JPG

    P5015177.JPG

    でも、いちばん喜んだのは、外の遊具。



    P5015233.JPG

    晴れた日は、
    車で20分くらいのエメラルドビーチと、
    車で30分くらいの古宇利島の海で遊んだ。

    P4305041.JPG

    ↑エメラルドビーチは、人工的によく整えられている印象。
    小さい子どもでも安心して遊ばせられるけど、過保護な気もする。

    P5015310.JPG

    ↑古宇利島は、海にまっすぐのびた橋のコントラストがきれいだった。
    大人だけだったら、きれいだな、と感動して、写真におさめて帰ったと思う。

    でも息子は海に来たら入らなければ気が済まない。
    水着じゃなくてもざぶざぶ海へ入っていき、
    濡れればなにも臆することなくどんどん脱いでいき、
    全裸になるとテンションがだだ上がりして、奇声を発しながら砂浜を駆けて行った!
    これが男子という生き物か…とちょっと感動した。

    P5015346.JPG

    ↑一通り全裸で遊んだところを回収し、
    着替えがないので手ぬぐいを巻きつけた。

    きれいな景色だな、と見ておしまいにするのと、
    その中に入って触って、濡れて、走って、と味わうのとでは
    同じ場所でも思い入れは全然違う。

    子どもがいなかったら、そんなことしようとも思わなかったし、
    めんどくさいこともあるけど、いっしょに来たおかげで
    その土地の記憶が深く、色鮮やかになった気がして、
    子どもに“ありがとう”と言った(心の中で)。

    P5015347.JPG
    posted by リョーコ at 00:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2012年05月06日

    今帰仁&渡嘉敷旅行@3歳7か月〜まとめ〜

    P5035511.JPG

    4月29日から5月4日まで、
    沖縄の本島北部にある今帰仁と
    那覇からフェリーで70分の渡嘉敷島へ行きました。

    なんかGW休めそう、と気付いたのが
    連休開始1週間前で、そこから航空券だけ手配して
    ほかの手配は連休入ってからだったのでバタバタではあったけど、
    やっぱり時間がゆるす限り、遠くへ行くのはいいなーと思いました。

    ふだんJALカードsuicaで貯めに貯めたマイルが
    3人分の沖縄行きチケットになった。
    海外はサーチャージが高いから、このピークで高いときに行くのは
    どうしてももったいない気がしてしまう…いや、ひとりなら迷わず行くけど…

    最初は去年行って最高すぎた八重山諸島にしたかったけど
    石垣までの航空券がもういっぱいで、那覇までしか取れなかったので、
    那覇から船で行ける離島で検索したら、最初に表示されたのが
    渡嘉敷島。それで行くことに。安易!

    雨が続いたら本島のほうが楽しみが多いかなとおもい、今帰仁に行くことに。
    今帰仁は、以前友人が通い詰めていて興味があった。
    レンタカーが借りられた日数だけいてみようとおもい、
    3日半借りられたので、それだけ滞在することに。

    宿は二か所とも宿泊前日に
    ネットで調べて電話して泊まった。
    子連れだと、そんなしゃれたところは求めてないし、
    ネットで口コミを検索すれば、そうそう大ハズレなところに当たる可能性も低いし、
    ほどほどにニーズを満たし、かつコストパフォーマンスは良い、
    いいところに泊まれた。

    梅雨入りしたと言われていたけど、
    1日中降り続くことはなくて、むしろ晴れてほしいときはすごくきれいな青空で、
    でもどしゃ降りの夜が明けて、海が土色になったところも見ることができて、
    自然の振り幅に驚いた。

    時間がなくても、
    混雑する時期でも、
    お金をあんまり使わなくても、
    行きたいと思えば行けるし、
    行きたいと思ったら絶対行ったほうがいいなー。

    P4305052.JPG

    P5045614.JPG

    P5035444.JPG

    P5035497.JPG
    posted by リョーコ at 02:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする