人気記事

    2014年02月15日

    認可保育園、一次落選

    予想していたけど、認可保育園の一次は
    5歳の長男、0歳の次男とも内定が出なかった。
    (って手紙に書いてあるんだけど、すごいまわりくどい...)

    私は最長で来年の3月まで育児休暇を取ることができる
    ありがたい身の上なので、まだ切羽詰まってないんだけど
    思うことはいろいろある。

    もちろん入れないと困るし、
    もっと0〜2歳の枠を増やしてほしいと思うけど、
    でも、いわゆる「保活」(この言葉大嫌い)に
    自分のエネルギーを注ぐのが嫌だなーという気分でいる。


    「保活」は心がすさむ

    長男のときはそれなりにまじめに保育園に入れる準備をしていた。
    認可はもちろん、認証も無認可もたくさん見て回ったし、
    リストにもけっこうな数入れてもらっていた。

    でも、いい園だなと思っても
    「数十人待ちでまず入れません」って言われて絶望したり、
    ここは嫌だなって思っても入れるだけで御の字かも、って思ったり、
    いわゆる点数稼ぎをする人に対してイライラしたり、
    長く育休を取る人をうらやんだり、
    自分の中の醜い部分が出てくるのを見ることが多かった。

    そして結果として、年度途中にオープンした認証園に
    ぽこっと入れて、結果そこがとても合っていて
    認可への転園など考えることもなかった。
    (二度目の育休を機に認可子供園に転園したけど、
    それは園の質の問題ではまったくない)

    あの活動はいったいなんだったんだ、と思う。


    自分の力でどうにかなることを考えたい

    この状況を誰か変えてくれと思うことはもちろんあるけど、
    自分以外の人に期待するというのは
    結果として自分にストレスがかかるとも思う。

    いつ変わるのかわからないし、
    変わったとして自分の望むかたちである保証はないし、
    そもそも変わらないのかもしれない。

    だから、頭の2割くらいでは
    そのことを忘れず、声も上げつつ、
    残りの8割では自力でできることを考えたい。

    例えば、
    夫婦でうまいこと働き方を変えて組み合わせられないか考えたりとか。
    近所にお互い行き来できる、子どもを持つ友人を増やすとか。
    公園や児童館や図書館や科学館や老人ホームなど、
    地域に子どもの居場所となる場所を探すとか。
    どんな状況でも自分のことは自分でできて、
    その場所なりの楽しみ方を見つけられる方法を
    子どもに伝えるとか。

    子どもが0歳のときは、
    とてもじゃないけどそんなこと考えられなかった。
    でも5歳になった今、子どもの中身を作るのに重要だと感じるのは
    信頼できる大人に出会えるかってことだった。

    それは、保育園の外でも、親の力でも
    できることがあると思う。
    育児休暇はそういうことに力を注ぎたい。

    そして、他人にとってのよい環境が
    自分と自分の子どもにとっても絶対良い環境
    ってわけじゃないことも肝に銘じておきたい。


    他人に望むとすれば保育士さんの子を入れてあげてほしい

    職業に貴賎はないとは言いつつも、
    出産した保育士さんの子どもが保育園に入れず
    それで保育士さんが職場に復帰できないとかは
    本当にもったいないと思う。

    子どもを入れるということだけじゃなくて
    保育士さんの待遇はもっともっと上がってしかるべき
    と、実際に接してみるととても感じる。
    ものすごい激務だし、子どもへの影響力の大きさが甚大。

    そのためなら、保育料を上乗せされても構わない。
    それは長い目で見て、子どもたちにとって良いことだと思う。


    決して、このままでいいというわけじゃないよ

    自分ひとりでできることも考えながら、
    ひとりではできないことのために声をあげるのも大事だと思ってる。

    自戒なんだけど、自分の子どもが保育園に入れると
    喉元すぎれば、なのとその後はその後でとても忙しいので
    すっかり忘れてしまうから。
    せめて当事者でいるうちは(本当はその後も)
    声をあげていかないと文句を言う資格もない。

    だから、来週はこれに参加してみようかと。


    保育園ふやし隊@杉並



    posted by リョーコ at 06:46| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 保育園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2013年06月30日

    保育園、本当に足りてないのかな?

    待機児童の問題が叫ばれて久しい。
    でも、長男を認証園の4歳児クラスに入れてると
    本当に今の保育園の数は少なすぎるのか?と思わざるを得ない。

    定員割れしていて、がらんとしている。

    0〜3歳児クラスは定員いっぱいだけど、
    4歳、5歳は幼稚園に行く子も多くて
    我が家でお世話になっている園では両クラスとも定員の半分以下しかいない。
    近所の子ども園の長期保育も、新しくできた認可園も、4歳・5歳は定員割れしている。

    そのぶん先生の目は行き届くし、部屋は広く使えるけど、
    いろんな子どもの中で生活してほしいと思っている私は
    たくさん空いたロッカーや下駄箱を見るたびに寂しい気分になる。
    それに、もったいないなーと思う。

    3歳以下が足りていないのは事実だから、
    4歳以上であまっているぶん、3歳以下を多く受け入れるとか、
    一律で0〜5歳まで受け入れる園ばかり作らないで
    3歳以下対象の園を増やすとか、需要をもっと細かく見て
    ありものをもっとうまく使うことを考えてほしい。

    そして、いろいろ言われてる「育休3年」だけど
    たしかに3年休めば育休中にキリキリしながら保育園を探さなくても見つかるし、
    選択肢もけっこうあるんだなと思う。
    全員もれなく「育休3年」にはまったく賛成できないけど、
    最悪3年まで休めるっていう選択肢があれば
    かなりストレスは減るんじゃないかなー。
    posted by リョーコ at 12:47| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 保育園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2011年02月23日

    認証で育って。

    私は復職してからの1年あまり、
    認証保育園に子どもがお世話になってる。
    自分も育った場所である、東京都杉並区に住んでる。

    4月復帰じゃなかったので認可は絶望的だったし
    (40点満点でも落ちてるらしいので出し続ける気力もなくなった)
    今の認証園がとにかく通勤に便利だったし
    保育料は月7万弱だけど、認証に出る自治体からの補助金を考えると
    年収ベースで保育料が決まる認可の月額と大差なかったから。

    園庭は狭いけど毎日のように
    いろんな公園に散歩に連れて行ってくれるし、
    給食も地元のお店と協力して
    手作りのおいしいものを作ってくれるし、
    (試食会で食べた)
    保育時間もかなり融通が利くし、
    なにより保育士さんがすごくいい人ばかり。
    年齢も性別もいろんな人がいる。
    あと、保護者もいい人が多いとおもう。
    こういうところで、保育園はサービスを受けるだけじゃなくて
    一緒につくっていくものでもあるのかもなとおもう。

    今の時期、「認可になんとしても!」みたいな話を
    よく聞くけど、認証もいいところはたくさんある。
    (とはいえ、我が家がお世話になってる園も
    耳を疑うくらい待機が出てるらしいけども)


    最近、2人めを妊娠したり、出産したりという話をよく聞く。
    いいなーとおもうけど、保育園のことを考えると、、、

    乙武さんが始める保育園、気になる!

    P2190552.JPG
    保育園ない日くらいごろごろさせてよー
    posted by リョーコ at 00:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 保育園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2011年01月14日

    息子がケガして帰ってきた

    保育園にお迎えにいったら、
    息子が顔にケガをしてひえぴたを貼っていた。
    ほかのクラスの子に、かみつかれて引っ掻かれたよう。

    その場にいたのが、担任ではない先生だったので
    状況説明があいまいで、でもとても恐縮していたので
    全然気にしなくて大丈夫です!とつい言ってしまったものの
    心の中はとてもざわついた。

    誰がしたか聞いて、どうしようというわけじゃないし、
    大変な業務の中にいる先生を責めたいわけでもないし、
    (重要。だって本当に大変な仕事だとおもうもの)
    子ども同士だったら当たり前にあることだし、
    うちだって相当いろいろ迷惑かけてるし、
    モンペとおもわれたら困るし、
    と数秒でいろいろ駆け巡った。

    帰ろうとしたら担任の先生がきて、
    状況を説明してくれた。
    そうしたら、ほっとした。

    今度こういうことがあったら、
    ・相手の子とどういう状況だったのか
    ・こちらも相手に危害をおよぼしたか
    をちゃんと聞こうとおもった。

    当たり前のことだけど、
    いざその場面になるとてんぱるなー。
    子どもがケガしてるといろんな理性がふっとぶ。

    子どもがまぶた切ったり、頭切ったり、歯が折れたりしても
    一見動じてなかった私の親はすごいなとおもったりした。
    私もそうなれるんだろうか。

    posted by リョーコ at 07:20| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 保育園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2010年07月09日

    親というエゴ

    保育園に送りに行くのは基本的に私の仕事。
    息子をだっこして保育園まで徒歩20分、
    道にあるものとか、今食べたいものとか、いろいろ話しながら行く。

    最近バタバタしていて(といっても職場の中では全然ひまなほう)
    日付が変わってからとか、日が昇ってから帰る、みたいなことが続いていた。
    そうすると息子の寝顔しか見られない。

    だから朝の送りはなんとか行きたい。
    明け方帰ってきて翌朝9時に登園させるのはけっこうきつい。
    でもここくらいしか息子と密に触れ合える時間ないし。

    で、寝坊したり
    早起きしてもつい息子と遊んじゃったりして、
    登園時間に遅刻することが多くなってた。

    今日保育士さんから息子の睡眠のムラについて指摘された。
    お昼寝に入りづらくなってる時があるそう。
    私の生活リズムがめちゃくちゃで寝坊に付き合わせたり
    夜中に帰ってきて起こしちゃったりが原因だとおもう。

    保育士さんはすごく言葉を選んで話してくれて
    それがかえって申し訳なかった。

    自分がルーズなのは今に始まったことじゃないけど
    それが子どもの生活も乱してるんだとおもうと恥ずかしいし、
    誰がしても本当はいいことに固執してるのって
    子どもに必要とされたいって自己満足だよなーとおもい、
    恥ずかしくて申し訳なくてどうしようもなかった。

    自分がちゃんとした人間に近づくようにひとまず心がけます。
    子育ては親が育てられるってよく言うけど、こういうのも含むのかしら。

    (自分は親になるにはまだ不完全だから、という人にたまに会いますが
    完全な自分になるの待ってたら一生子どもなんて生めないしー!とおもいます。
    私の場合はとくに)
    posted by リョーコ at 04:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 保育園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2010年03月28日

    来年度の保育園

    認証の園に通っています。

    来年度の契約説明会に行ったら、
    予定より認可に移れる人がとても少なく
    定員オーバーして次年度を迎えることになりました
    と報告されました。

    今は問題なくても
    年次が上がっていくとその人数を受け入れられない可能性もあるから
    認可や幼稚園に移ることも視野に入れて、それが決まったら
    早めに教えてくださいとのこと。

    定員オーバーしてるけど
    新規で入園する子はひとりもいないらしい。
    1歳児だけでウェイティングは100人、
    園全体で200人待ち。

    園はこんな状況だけど
    区は待機児童を減らすためにもっと受け入れろと言ってくるんだって。
    年齢が上のクラスは人が少ないから。

    という話を聞いて、若干くらくらしてたら
    3月いっぱいでの保育士の退職が発表された。
    それが、全員息子のクラスの担任の先生たちだった。
    慣らし保育でギャン泣きしてたころからすごくお世話になった先生たち。

    あとから退職する先生たちに聞いたら
    会社の方針と、待遇に関することが理由みたいだった。
    息子は保育園大好きだし、保育士さんのことも大好きだから
    そういうふうにしてくれた先生たちがつらい気持ちで働いてたこととか
    こんなに必要とされてる職業なのに生活に困るような待遇を受けてることとか
    考えてたら、泣けてきた。

    息子は「まま」は言わないけど「せんせい」はよく言う。
    でも、保育園で最初にお世話になった先生たちのことは
    記憶には残らないんだろうな。

    4月からは新しい保育士さんが来るらしい。
    最近、春はなんか優しくて残酷、って歌詞がよくまわる。
    posted by リョーコ at 09:17| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 保育園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2010年03月15日

    保育園を考える、のがひとりではなかなかできないって話

    最近子どもを産んだ人と話してると
    二言めには「保育園が。。。」の話題になります。
    待機児童の多さがハンパないです。
    そしてそれを「保活」とか読んでネガティブな記事を書く
    AERAにムカムカしたり(それは私だけか?)

    でも日々の煩雑さにかまけて
    その大本がどういう構造なのか、
    なんでこんなことになってるのか、
    そこまで考えたり調べたりする余裕がないのが
    自分の現状ではあります。

    マドレボニータで知り合い、私の保育園生活のメンター(!)でもある
    イノシシさんが下記のようなイベントを開催するとのこと。
    マドレもそうだし、保育園を考える親の会もそうだけど
    すごいとおもうのは、ずっと当事者意識を持っていること。

    私なんて、産後1年4ヶ月にしてすっかり喉元過ぎて忘れつつあるし、
    保育園もとりあえず今入れたところでほっとして
    待機は若干他人事になりつつあったから。
    (だってうち認可申請してもどうせムリだしなーと)
    なので、そういった活動を続ける人たちと関わることは
    すごく刺激的だし、自分が本当はどういうふうになりたかったのか
    思い出すきっかけになります。

    というわけでイベントのご案内はこちら。

    ○○○保育園を考える親の会・分科会のお知らせ○○○

    「親による親のための 保育制度勉強会」

    2009年は保育制度問題に大波乱がありました。
    待機児童対策は進んでいるのかいないのか、
    「厳しい」という話ばかり聞こえてきます。
    なぜ、こんな状況になってしまったのでしょうか。
    今、私たち保護者にできることはなんなのでしょうか。
    一度、保育制度について一緒に学んでみませんか。
    親の会代表の普光院亜紀さんの講義を中心に、
    ざっくばらんに質問したり、話し合ったりできる勉強会です。

    ○日時 3月22日(月・祝)午後1時半〜4時
    ○会場 東京ウィメンズプラザ・第一会議室B
    (地下鉄・表参道から徒歩7分、JR渋谷から徒歩12分)
    ○参加費 無料
    ○保育 1人目は1000円、2人目以降は500円。定員あり(先着順)。
    参加申込み時に、
    お子さんの年齢(0歳児は月齢)・性別・お名前をお知らせください。
    ○参加申込み お名前、ご連絡先、お住まいの地域(自治体)を明記し、
    保育園を考える親の会のHPからお申し込みください
    (上記のページの左上にある「メール」をクリックしてください)。

    みなさんにお会いできるのを楽しみにしています。



    保育園を考える親の会代表の普光院さんの本は
    これから共働きを考える人にすごーく参考になるとおもいます。
    私も産休中に読んだよ。

    共働き子育て入門 (集英社新書)

    共働き子育て入門 (集英社新書)

    • 作者: 普光院 亜紀
    • 出版社/メーカー: 集英社
    • 発売日: 2003/07
    • メディア: 新書





    posted by リョーコ at 09:21| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 保育園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2010年02月20日

    リアル保育園(ネガティブ含む)

    今週杉並区の認可保育園の4月入園の結果発表がありました。
    我が家は、夫が求職中で指数が低いので、申請しても入園できる可能性は低いし、
    区の認証園への補助金を入れると保育料も大差ないし、
    なにより今いる認証園が好きだから、申請はしませんでした。

    認可と認証の違いはこんなかんじ。
    http://www.fukunavi.or.jp/fukunavi/contents/tokushu/ninsyo/ninsyo_02.html

    発表があったら、今年もかなり厳しい状況だったみたいで
    満点でも入れなかった、とか、第5志望にも入れなかった、とか。
    みんな声をあげてもっと子育て支援の必要性をわかってもらえたらいいなー
    などとぼやーとしてました(この日、復職後初めての病欠)。

    で、数日後保育園にお迎えに行ったら
    クラスメイトのお母さんに4月から認可園にうつる旨を聞いて。
    当たり前だけどちゃんと入れる人もいるんだなー!という驚きとともに
    一抹のさみしさも感じました。
    ずっと一緒に子どもたちは育ってくとおもってたから。

    今いる園は園庭がないから、
    動きが活発になってきたら、本当は園庭のあるところに入れたい
    とかもおもっていました。
    でも、転園させるときに伴うリアルにいろいろ大変なこと、
    また慣らし保育からやってくのか、とか
    お世話になった先生とお別れするのつらいよな、とか
    子どもももうちょっと大きくなったら友達と離れるの悲しむかな、とか
    だったら早く決めたほうがいいのかな?とか
    ぐるぐると考えてました。

    入れれば御の字なご時世で
    それ以上、たとえばよりよい環境を望んだりするのはぜいたくなのか? 
    親の考えるいい環境と、子どもにとってのそれは一致しないこともあるのかな?

    あと気になってるのが、複数の子どもがいるときに
    二園にまたがってしまうこと。
    それが普通なんだったら、2人めとかムリだよとおもう。

    まあ全然答えは出てないし、出てなくても
    今の環境でがんばろうとおもってるんだけど、
    声をあげないことは後に続くひとたちのためによくないのか?
    とも考えて、保育園を考える親の会のサイトとかを見てます。ぬん。
    posted by リョーコ at 07:08| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 保育園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2010年01月28日

    初めての保護者会

    息子の初めての保護者会。
    私と夫の初めての保護者会。

    ふだんの園生活をおさめたビデオが上映されると言われていたので
    朝からそわそわして、なんとしても4時に会社を出る!
    と息巻いて、家で大方仕事終わらせてから出社しました。
    間に合った。やればできるじゃーん

    名前呼ばれて返事する朝の会から、
    お散歩に行って、ご飯を食べて、昼寝をするまで
    30分に渡って子どもたちの行動が追われてた。
    表情や反応がおもしろくてしょっちゅう笑いが起こるんだけど、
    私は何度か泣きそうにもなっていた。

    保育士さんがほんとうーーーに愛情を注いでくれてるのを感じて。
    子どもが小さいうちから、親以外の大人を
    こんなに信頼できるっていうのはすごい。

    家では食事の最中も立ちまくるし、気散らしまくりだし、
    寝かしつけだって大変だ。
    でも保育園では座って集中して食べてて、
    昼寝も自分ですぐ寝ちゃって、
    保育園のルールを息子なりに理解して、がんばってて
    家では甘えたいんだなっていうのもわかって、
    そのけなげさにも涙が出そうだった。
    家にいるときは、おもいっきり子どもを見て
    望むだけ甘えさせてあげよう。

    子ども同士がおもちゃを貸し借りしたり、
    頭をなで合ってたり、コミュニケーション取ってるのも
    すごくかわいくて、嬉しかった。
    ほかの子を見ることで、子どもの個性がわかる。
    1人しか見てないと、子どもってこういうもの?とおもっちゃうからさ。

    息子は毎日見てるからそこまでおもわないけど、
    ほかの子たちはこの3ヶ月でびっくりするほど成長したのも感慨深い。
    で、親同士で、ほかの家の子でも自分の子と同じように
    成長を喜び合えるっていうのもいいなーと。

    その後、全員で夕食のしたくと寝かしつけに関するシェアリング。
    やっぱり休日になるべく仕込んでおいて、帰宅即夕食、が理想と再確認。
    週末にしたいこと、しなきゃいけないことが多くて困る。

    すごーくいいコミュニティを作ってくれてる
    保育園に感謝の気持ちがめきめき沸いたし、
    自分もその役に立つなにかがしたいな。
    と、むんむんしながら帰路につきました。
    posted by リョーコ at 04:44| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 保育園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年12月20日

    保育園のクリスマス会

    PC194945.JPG
    息子の保育園で
    保護者参加のクリスマス会。

    クラスごとに出し物があるんだけど、
    1年ごとの子どもたちの成長ぶりが本当にすごい!!!

    サンタさんと写真撮れるよーと言われていってみたら、
    PC194949.JPG
    サンタさん写真を撮ってくれました(笑)。

    PC194951.JPG
    一緒にも撮ってもらった。

    PC194937.jpg
    給食の先生の手作りケーキ。
    大人のぶんもありました。
    おいしかった。

    子育てしてるともう一度人生を生き直してるみたいってよく言うけど
    そのことばを実感しています。
    この保育園に入れてよかったな。
    posted by リョーコ at 14:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 保育園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする