人気記事

    2014年07月20日

    住まいへの峻巡と、馬場未織著『週末は田舎暮らし』がおもしろかったことについて

    一生賃貸で、という気持ちが変わってきた理由

    あちこち旅行をして、人の家に泊めてもらったり、
    子どもの友だちのお家におじゃましたり、お招きしたり、
    ということを最近頻繁に行っていて
    住む場所について、ものすごく興味が湧いてきた。

    賃貸物件をいろいろ見ていたんだけど
    ファミリー向けで手頃で興味のわく物件が少なくて、
    つまりこの層で納得がいく物件を見つけるには購入しかないのか?
    と思い始めて、一生賃貸でと思っていた気持ちがぐらついた。

    どこへ行っても、行くだけじゃしょうがない。
    その場所で好きなことをしたり、好きな人と会っておしゃべりしたり、
    子ども同士を遊ばせたり、また今度ねと
    次に続くことを考えるのが楽しいのであって、
    それがないと間が持たないし、つまらないなと思うようになった。
    そしてそれを繰り返すうちに、場所に愛着がわいて、
    そこのために役に立つことができたらいいなとも。

    また、もともとDIY精神が旺盛なほうで
    衣食住全般を自分で作ってみる方法にものすごく興味がある。
    最近では家のいろんなところに壁紙を貼るブームが
    自分の中にやってきていた。
    そして賃貸の不自由さを感じていた。

    あとは家をいったん買っても改修して貸したり売ったり、
    永住し続ける以外の使い方をしている人たちに出会ったこともある。
    一個の拠点として考えたら、
    今家を買うのは将来の楽しみを増やすことにもなるかもと思った。

    実家は東京だし、転勤はないし、
    今住んでいる場所に自分も子どもも友だちがたくさんいる。
    これは...と思い始めたらいてもたってもいられず、
    不動産に関する本を読みあさっていた。


    拠点を増やす、は自分の考える豊かさに近い

    そんな中で芋づる式で知って、ものすごく面白いなーと思った本があった。



    週末は田舎暮らし---ゼロからはじめた「二地域居住」奮闘記

    東京出身で共働き、3人の子どもを持つ著者が
    自然の中で子育てをしたいという思いで南房総に土地を買って、
    平日は都会で働きながら、週末になると里山へ行って
    草刈りをしたり、野菜を作ったり、その地域の人と関係を作っていって
    その良さを発信していく、という日常をつづっている。

    ふたつの拠点を持つことで、そのどちらの良さもわかって味わえて
    それを家族で共有できていることが、すごくいいなと思った。
    どちらかを選ぶんじゃなくて、その両方を同時にやることで
    双方のことがよりクリアに見えている感じがした。
    文体も軽やかでスピード感とユーモアがあって好き。

    私は、生活って家を物理的に維持することや
    家族の中だけで機能することだけではなくて、
    まわりの人と関係を作ったり、その関係の中で
    自分がなにかしら作用していることを
    感じることの中にこそあると感じている。
    そしてそれは場所がどこでも、世代や立場が違っても
    わりと普遍的なことなんだなーと気付いた。

    震災のときのことにも触れられていて、
    自力である程度生活できる人のたくましさに
    自分がずっと感じているグラグラした気持ちの解決策を見た気もした。
    食べ物を作れたり、食べ物を作る人から分けてもらえる手段があれば、
    冷静にそのあとのことを考えられたかもしれない。
    私はずっとグラグラしながら同じ場所で足踏みしているだけで、
    煮詰まる一方だった。
    勝手に大きくなっていく子どもの存在があったから
    無理矢理歩き出せたようなものだった。


    子どもを育てる環境について思うこと

    私は東京出身で、その恩恵もたくさん受けてきたし大好きだ。
    でも、今自分が東京で子育てをしてみて
    東京にはないけど、子どもに与えたいと思うものがたくさんある。
    自由に走り回れる場所とか、気が済むまで掘りまくれる場所とか、
    まわりを再三確認しなくても車が来ない場所とか、
    許可を取らなくても花火ができる場所とか、
    親の目は届かないけど犯罪に巻き込まれる危険もない場所とか、
    食べ物がどういうふうにできるのかわかる場所とか。

    でも、東京の恩恵も受けながらそんなことも求めるのは
    高望みに過ぎる気もしていた。
    私が子どもの頃だって、上に書いたようなものは
    すでに東京、自分が住んでいた阿佐ヶ谷にはなかった。
    祖父母や親戚も首都圏にしかいなかったので、
    こういうものの存在を知ったのは
    毎年旅行していた長野の民宿だった。

    それに虫は好きじゃないし、植木はことごとく枯らすし、
    絵に描いたようなペーパードライバーだし、
    徒歩圏内にコンビニがないと不安だし、
    とてもそんなこと言う資格ないなとも。
    あ、こういう環境で育つとそうなっちゃうのか?

    都市生活ではそれなりにたくましいほうだと自負してるけど、
    でも子どもたちが大人になったとき、この都市生活が
    変わらぬ規模で続いているのか?と思うと超疑問。
    震災があって、それをガツンと思って、
    あれからずっとひっそりとだけど離れない。
    都市生活しかできない親の姿だけを見て育つ子どもは、
    ほかの選択肢を選べるのか?とも思う。

    子どもの足下にある石をずっとどけてやることはできない。
    自分で蹴りとばす力をつけることが親ができることなのだと思う。
    でも、その道は今まで自分が歩いてきた道とは全然違うのかもしれない。


    東京に軸足を置きつつ選べる選択肢

    実家の母は東京に家があるし、父はもういないから
    東京から完全に離れるという選択肢はない。
    東京には好きな仕事もある(育休中ですが)。
    子どもももう地域に根付きつつある。
    そのあたりで悶々としながらフラフラして考えてたことの答えの一端を
    この本は鮮やかに示してくれている。

    タイトルからはも、すべてに余裕がある人たちのライフスタイルを
    うらやましく思うために読む本かなと思ってた。
    東京の不動産事情に頭が痛くなって、気分転換のつもりで読み始めた。
    でも、実際は質実剛健で実用的だけどウィットに富んでいて、
    物理的にどこに住むか、どうやって住むか、だけでなく、
    どんな家族にしていきたいか、地域にどんなかかわり方ができるか、とか
    自分の今の生活にすぐ落とし込んで考えるヒントが多くて面白かった。

    東京から軸足を外さなくても、子どもに多くのものを与える手段はある。
    そして、東京で過ごす毎日をもっと密度を濃く、面白くする方法もある。
    夏休みをそういうことに使えたらいいなと思う。

    そしてセカンドハウスについての妄想をあれこれ始めている。
    ファーストハウスだってまだ決まっていないのに!


    posted by リョーコ at 07:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2012年01月06日

    「ぼくはお金を使わずに生きることにした」

    ここ数か月、フィクションを読む気になれない。
    という制限で本を選んでいるせいか、
    最近本当におもしろいと思う本に全然出会えていなかった。



    ぼくはお金を使わずに生きることにした [単行本] / マーク ボイル (著); 吉田 奈緒子 (翻訳); 紀伊國屋書店 (刊)

    「ぼくはお金を使わずに生きることにした」
    Mark Boyle (著) 吉田 奈緒子 (翻訳) 紀伊國屋書店

    この実験で証明したいのは、お金がなくても「生き延びられること」ではなく「豊かに暮らせること」だ――
    1年間お金を使わずに生活する実験をした29歳の若者の記事がイギリスのテレビや新聞で紹介されるや、世界中から取材が殺到し、大きな反響を呼んだ。著者は、不用品交換で入手したトレーラーハウスに太陽光発電パネルをとりつけて暮らし、半自給自足の生活を営む。手作りのロケットストーブで調理し、歯磨き粉や石鹸などの生活用品は、イカの甲を乾燥させたものや植物、廃材などから手作りする。衣類は不要品交換会を主催し、移動手段は自転車。本書は、彼の1年間の金なし生活をユーモラスな筆致で綴った体験記である。貨幣経済を根源から問い直し、真の「幸福」とは「自由」とは何かを問いかけてくる、現代の『森の生活』。世界の10の言語に翻訳され、14か国で刊行。




    新年早々おもしろい本を読めて、とても幸先がいい!
    平積みにしていてくれた書楽阿佐ヶ谷店、本当にありがとう!
    この、手に取るのがはばかられるくらいインパクトのある表紙を見なければ
    買わなかったとおもうから。

    節約生活の本ではない。
    金銭授受でなりたつ(というか狂った経済に振り回される)生活をやめて、
    必要なものは自分で作ったり、持っている人にシェアしてもらったり、
    自分が持つものは分け与えたり、新しい生活の骨組みを作っていく
    実験についての体験記。

    多くの人が考えたことはあるけど、
    大きすぎて自分にどうにかできるとは思えないから目をそらし続けていた問題を、
    自分の問題として考えられるように噛み砕いて語っている。
    さらにそれを大上段でも偉そうでもなく、
    好奇心と良心に基づいて、すごく楽しそうにやっている様子が
    本当にいい。読んでいて気分が良くなる。
    そう思える文章になっているのは、翻訳の素晴らしさでもあると思う。
    翻訳者が原文を愛しているのを感じる。

    私は、自分がいかにお金にがんじがらめにされていたのかに気付いた。
    お金を使うことについてちょっと意識してみると、
    本当に私は絶えずお金を使っているし、
    ちょっとでも時間があればお金を使いたくてしょうがない、みたいな振る舞いをよくしている。
    だからお金を稼ぐほうにも、関心が尽きない。
    だけどそうして買ったものを、開封もしないで部屋の隅に置きっぱなしにしていることもままある。

    そういう自分の無駄な動きも、ここ数年ちょっと落ち着いてきたように思うんだけど
    (物がほしいと思わなくなってきた。なるべく所有したくないなーと思うようになってきた。)
    じゃあ自分のエネルギーを何に費やせば穏やかな気持ちでいられて、
    子どもたちの世代に今よりいい環境を引き継げるのか、
    そのことへの答えの一端をこの本の中に見た。


    なにかを正しいと主張するために、
    もう一方を間違ってるって主張するようなことに、
    もうつかれた。

    だから、愛と感謝とユーモアをもって
    現実と理想をフラットに見つめる著者の視線が、
    「こういう見方をすれば世界はもっと楽しい場所になる」
    っていうヒントみたいな気がした。
    そのメガネを持ってすれば世界がもっとおもしろくなるような。

    頭と心と手の間に矛盾がない生活に、
    近づいていきたいものです。
    posted by リョーコ at 16:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2010年01月23日

    「怒らないこと」アルボムッレ・スマナサーラ


    怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)

    怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)

    • 作者: アルボムッレ スマナサーラ
    • 出版社/メーカー: サンガ
    • 発売日: 2006/07/18
    • メディア: 新書



    今年最初に読んだ本。

    イラッとすることがあって
    その原因となった誰かが去った後も嫌な気持ちで
    それってすごく損、とおもって読み始めた。

    「怒る人は自分が完璧だ、自分がすべて正しいと思っているから怒る」
    という言葉にどきっとした。
    これから子どもに対して、
    伝えなきゃいけない場面がいろいろあるだろうけど、
    私がすべて正しいわけではないっていうのは
    自分で踏まえていないといけないな。
    夫に対してもよく怒ってたけど、
    それも自分が正しいと思い込んでたから。
    みんが怒ってる家って、
    みんな自分が相手より正しいと思ってるってことでしょう。
    そりゃ休まんないわー。

    「怒る人はとことん合理性がなく無知」と言い聞かせていたら
    怒るのが恥ずかしくなってきたし、
    自分が嫌な気持ちになることも減った。
    それは周りの人のためにもよいことだし、
    自分にとってもよい変化。
    posted by リョーコ at 05:19| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年10月14日

    「赤ちゃんの脳を育む本」


    赤ちゃんの脳を育む本 (セレクトBOOKS)

    赤ちゃんの脳を育む本 (セレクトBOOKS)

    • 作者: 久保田 競
    • 出版社/メーカー: 主婦の友社
    • 発売日: 2007/08
    • メディア: 単行本



    「エチカの鏡」で紹介された
    カヨコおばあさんのご主人が書いた本。
    おばあさんの強烈なキャラクターが忘れられず、
    おもわず買ってしまいました。

    脳をきたえるための理論ももちろん書いてあるんだけど、
    それ以上にその月齢にあった鍛え方(遊び方)がおもしろいです。
    私、子どもと遊んでると間が持たなくなってしまうことがよくあるので。
    いや、息子は好きだしかわいいんだけど、なにしたらいいんだ?みたいな。
    そのときのヒント集として読みました。

    ふとんで坂道をつくってはいはいで登らせる、とか
    奇声を発しながら興奮して喜んでいました。
    よかったよかった。
    脳が鍛えられてるかはわかんないけどね!
    posted by リョーコ at 07:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年08月20日

    「働き方革命―あなたが今日から日本を変える方法」


    働き方革命―あなたが今日から日本を変える方法 (ちくま新書)

    働き方革命―あなたが今日から日本を変える方法 (ちくま新書)

    • 作者: 駒崎 弘樹
    • 出版社/メーカー: 筑摩書房
    • 発売日: 2009/05
    • メディア: 新書



    今読み終わって、ものすごく興奮しています。
    みんなに読んで欲しい。買い占めて配りたいくらい。

    起きてる時間のすべてを捧げてゴリゴリ働いてきた著者が、
    「働く」ことの定義をしなおすことで、
    もっと豊かに人生を生きることができると提案し、実践を呼びかける本。

    「働くこと」と「家族運営」について最近ものすごく考えている。
    バランスをとって両方をうまくこなすことで自分は幸せになっても、
    その尻拭いをする人がいるとしたらそれはどうなのか、とか。
    現実にお金がなくなったら家族を結び付けるのは困難というか
    今とは全然ちがうモデルを考えなきゃいけないな、とか。
    でも、働くことの価値って金銭的なことだけじゃなくて
    もっと人間としての根源のことな気がして、
    人を尊重したいならその働き方を尊重したいな、とか。

    そういうモヤモヤにパシッ!と解決のヒントを
    投げかけてくれる本でした。
    でも答えじゃない。
    自分のやり方で、自分の頭と手足を使って、
    先へ進むためのヒント集と、私には思えた。
    posted by リョーコ at 23:31| 東京 ☀| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年08月12日

    「『私たちは繁殖している』うらばなし―あなたも妊婦写真を撮ろう―」


    『私たちは繁殖している』うらばなし―あなたも妊婦写真を撮ろう (文春文庫)

    『私たちは繁殖している』うらばなし―あなたも妊婦写真を撮ろう (文春文庫)

    • 作者: 内田 春菊
    • 出版社/メーカー: 文藝春秋
    • 発売日: 2009/07/10
    • メディア: 文庫



    「フィクション」である漫画「私たちは繁殖している」の
    裏話? 元ネタ?
    のエッセイ集。
    夫が「好きだろうと思って」とおみやげに買ってきてくれた。
    好きです。

    今読むと、妊娠出産を取り巻く状況はここ10年くらいで
    ものすごく変わったんだなあと思う。
    この中で春菊さんが周囲に反発しながらやってることって
    今はぜんぜんポピュラーなこともいっぱいあるから。

    今までやってたからやり続けなきゃいけないなんてことはないし、
    多くの人がやってないからできないというわけではない。
    最近私はよくそう思ってるんだけど、
    そしてそういう風に行動してるつもりなんだけど、
    そのスピリットは「私繁」シリーズの影響も
    多分にあると思う。

    しかし、元夫に対する愚痴の多さには閉口。
    せっかくの才能にけちつけるみたいでもったいない。

    posted by リョーコ at 01:15| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年08月08日

    「おとうさんといっしょ」


    おとうさんといっしょ (新潮文庫)

    おとうさんといっしょ (新潮文庫)

    • 作者: 川端 裕人
    • 出版社/メーカー: 新潮社
    • 発売日: 2008/09/30
    • メディア: 文庫



    内田春菊が自著の中で紹介していたことがあって、
    そのものすごく部分的で衝撃的な内容にショックを受け、
    気になりつつもこわくて読めずにいたんだけど、
    ワーキングマザーサロン研修の課題図書だったので読了。

    母乳がうらやましくて“ふにゅう”を出そうとする男、
    妻の出産に気が進まないながらも立ち会う男、
    妻と結婚するという息子へ複雑な気持ちを抱いてしまう男、
    海外出張へ行った妻におきざりにされた子どもたちと新しい家族のかたちを探す男、
    と気になってたショッキングな場面とは違った意味で
    とても刺激的な短編集。

    子育てって
    女は体の内部から進行が始まるから、多少理不尽があっても
    本能で切り抜けられる部分もあるけど、
    男はいきなり目の前にでん!と置かれて、それを自分なりの理屈で
    切り抜けていかなきゃいけないところがあって、
    だから個性が出るところも多々あっておもしろいとおもう。

    理屈をこねるのが得意だから
    体は産めるようにはならなかったのかなー
    感情ばかりが先に立つから
    体は産めるように進化したのかなー
    とか考えてしまった。

    posted by リョーコ at 09:37| 東京 ☁| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年06月05日

    「おかあさんのための自然療法」


    もっとゆっくり、もっとやさしく おかあさんのための自然療法 2009年 04月号 [雑誌]

    もっとゆっくり、もっとやさしく おかあさんのための自然療法 2009年 04月号 [雑誌]

    • 作者:
    • 出版社/メーカー: クレヨンハウス
    • 発売日: 2009/03/03
    • メディア: 雑誌



    東京23区内って通院も入院も子ども医療費が無料なんだそう。
    杉並区は15歳まで無料。とてもありがたいことだ。
    自分が子どものころ大きな病気をしたことがあるのでとてもそう思う。

    とはいえ、
    家族のちょっとした不調は自分でケアできたらいいなー
    と思って自然治療に興味を持ち始めました。

    ↑この本は、いろんな方法をさわりだけ
    でも実用的なかんじで紹介しているので、
    実践するしないにかかわらず読み物としてもおもしろい。
    「ねばならない」的なことは一切書いてないし。
    (マクロビとかそれが多すぎてまったくやる気になれない)

    もっと詳しく知りたいなと思って
    クレヨンハウスでテーマごとの書籍を見たら、
    難しすぎて断念しましたけども。

    そこまで本気でやりたいわけじゃないんだけど
    なんとなくかじりたい、くらいの人には最適な入門書です。

    私はこれを読んでレモンバームの種を植えたよ。
    芽が出て感動しました。

    *

    私の母は
    「カゼを引くなんて自己管理がなってない」と病人に厳しい人です。

    でも、カゼを引くといつもパンプディングを作ってくれて
    それを食べながらふだんは見れない昼間の教育テレビを観るのが
    至福のときだったなあ。
    posted by リョーコ at 08:21| 東京 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年04月18日

    「女ですもの」


    3度目の結婚のあげく籍を抜いて4人子どもを育てる内田春菊と
    事実婚のパートナーとの間に1人の子どもがいるよしもとばななの
    育児・家族・仕事に関する超女目線の対談集。

    内田春菊の「私たちは繁殖している」シリーズと
    よしもとばななの「こんにちわ!赤ちゃん」を
    妊娠中愛読していたので、
    「おお!あの子どもがこんなに立派に!!」
    と久しぶりに会う親戚の子の成長ぶりを見たときみたいな
    気持ちになるところもありつつ。
    内田息子@は、親バカを差し引いても
    すごくちゃんと育ってる気がしてよかったなあと思った(えらそう?)

    2人が事実婚を選んだ理由っていうのは、
    「嫁は家のもの」っていうのに反発を覚えたってことなんだそう。
    これには深い共感と、自分がすでに入籍してしまったことへの不安を
    かき立てられました。

    私は彼と一緒にいるという約束のつもりでした入籍が
    相手の家庭の一員になるという意味合いで
    受け取る人もいるんだなということが、
    (世代によってはそれが一般的だということが)
    結婚して驚いたことのひとつでもありました。

    彼に喜んで欲しいから
    彼の家族にはできる限り優しくしたいとは思うけど、
    家族だから、義務だから、ということでいろんなことを押し付けられると
    「そういうつもりじゃなかったんですけど…!」
    と全力で逃げ出したくなる。

    もともと自分の生まれ育った家庭からも
    支配されたり押し付けられたりするのが嫌で、
    家を出てひとりで暮らしてたので、これは性分なんだろう。

    こんなこと思ってるのは私だけなのか?
    みんなうまくやってるのか?
    だとしたらこんな自分が嫁にきてすいません
    と思ってたのが、ちょっと気が楽になりました。
    と同時にこれからどうしたらいいのかなーとちょっと暗い気持ちにもなりました。

    「私たちは繁殖している」シリーズの後半で
    義理の親たちとの泥沼に嫌気がさしてたけど、
    よしもとばななの言葉を通すと、それが読みやすくてうつくしく
    この組み合わせでよかったなあと思った。

    育児に関する部分は↓すごく面白いし参考になります。

    posted by リョーコ at 08:28| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年04月13日

    「子どものセンスは夕焼けが作る」



    音楽ライターである著者が、
    音楽家たちの育った環境を考察しながら
    自分の娘にも試してみようとする本。

    「センス」ってあやふやなものだけど
    美しいものをわかっていることで、キツイ現実にぶちあたっても
    希望をもって強くあかるく生きていく力のことかなあと
    思いました。それは、必要。
    子どもだけでなく自分にも。

    センスを身につける具体的な方法が
    どれもゆかいで楽しく、
    気負わず読んでも楽しめる本です。
    posted by リョーコ at 17:30| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする