人気記事

    2011年03月11日

    家族の食卓

    帰るのが遅くなりそうだったから、夕飯いらないって家を出たのに
    意外と早く終わって、やっぱりごはん食べるってメールしたら
    用意してないよと言われて
    自分勝手にも腹が立って悲しくなったことがある。
    ないならいいよとたっぷり時間をかけて外食して帰った。

    たまに夕飯のときに私がいないと息子は
    ママがいない、と気にするらしいけど
    ずっと夕飯を一緒に食べられない日が続くと
    だんだん気にしなくなるんだって。夫に聞いた。
    気にしてないならまーいっかと早く帰る努力を
    怠りがちになるけど、それって自分のせいじゃんね。

    待たれていれば早く帰りたくなるけど、
    その状況を作るのは自分次第なんだなってこと。
    お互いに必要としあうには、ちゃんと相手の期待に沿う
    努力をする必要があるんだなと。
    P2260622.jpg
    posted by リョーコ at 06:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2010年12月16日

    自分のすきま

    土曜日に、息子の保育園でクリスマス会があった。
    いちばん印象に残ったのが、先生たちがすごく頑張ってくれてるってこと。

    大道具とか演出とか先生たち自身の出し物はもちろんなんだけど、
    ふだんの子どもの表情を少しでも多く見せようと、
    本当に心をくだいてくださっているのがわかった。
    ふだんの子どもたちがとてもいい顔をしているからなんだろうし、
    子どもにそういう顔をさせられるのは、
    先生たちが子どもをとっても愛してくれてるからなんだろう。



    その日、近所の児童館でもちつきがあったので行った。
    子どももつかせてもらえるというので列に並んでいると
    私たちの前に並んでた小学生男子の兄弟と話がはずんだ。
    2人のおとうさんとおかあさんは、おもちつきでお手伝いとして大活躍していた。

    近所の子どもとお年寄りの集まる小さいイベントなんだけど
    その場にいる人はみんなニコニコしていて、
    その場でてきぱきと働く彼らの両親はとてもすてきだとおもった。
    男の子たちも自分たちの親について話すとき、得意げだった。



    遡って先週末。
    私の父がやっているスポーツジムのクリスマス会に行った。
    父の経営してる会社はいろいろやってるけど、
    そのうちのひとつとして社会貢献の気持ちも込めて始めた事業で、
    母も手伝ってる(近所だから)。

    地元の30代〜70代くらいの女性が80人くらい、
    父と母と弟が、てきぱきワインをついでいて
    お客さんはしゃべったり笑ったり飲んだり食べたりそれは楽しそうだった。
    母と地元を歩いていると、そのジムのメンバーの人に必ず声をかけられる。
    うちの家族、けっこうかっこいい仕事してるな、とおもう。



    そんな最近の週末のできごとを並べておもうのは、
    家族と社会のあいだにいる人々を
    もっと大事にしたいし、役に立ちたいってこと。
    地域のつながりとか。
    仕事をしてると、顔を見たことのない遠くにいる大勢のことばかり考えてる。
    それはそれで必要なんだけど、
    社会ってそれだけじゃないよなーとも。

    自分の子どもを育ててくれたり、
    自分の暮らしを支えてくれたりしているのは
    家族だけじゃなくて、実は身近にいるいろんな人で、
    その人たちのためになにかをするのは
    翻ると自分のためでもある気がする。
    逆かな。借りを返さなきゃとおもっているのかも。



    そういうことを自然とやってる人を見ると背筋がのびるし
    (ちょっと気をつけて見るといっぱいいる)
    自分もしたいなあとおもう。
    やってる人ってだいたい楽しそうだし、
    その人のまわりの人たちも幸せそうだからさ。

    RIMG0858.jpg
    posted by リョーコ at 05:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2010年07月14日

    母校にて

    週末に母校で、大学生と将来について話す集まりのスピーカーをしました。
    学園祭で行くことはあっても、ふだんのキャンパスに行くのは
    卒業以来初めてだったので、懐かしくてもうそれだけで興奮。

    今まで直接の知り合い以外からのOG訪問すら断っていたんだけど、
    でも、無礼な自分が今あるのはそれを受け止めて
    いろんなものを与えてくれた諸先輩方のおかげであることを今更強く感じ、
    そろそろ還元するほうに回らなきゃ罰が当たる
    と最近よくおもうので、僭越ながら頼まれたら引き受けようとおもうのです。

    大学生と、仕事のことや育児のことやパートナーシップのことを語り、
    彼ら彼女らがそのあたりをどんなふうに考えてるのかの話も聞いた。

    JD(じょしだいがくせい)たちは、自分がなにを手に入れたいかに自覚的で
    そのためにどう行動すればいいのかまですごく考えていた。
    考えるだけじゃなくて動いてる人も多かった。
    女の子は選択肢が多いぶん、いろんなことに自覚的にならないと
    ぶれて迷宮さまよいがちなので、とても頼もしいなーとおもった。

    DD(だんしだいがくせい)たちには、
    私の話すことはあんまりピンときてないだろうなとおもったし、
    たぶん知りたいこととも違っただろうなと。
    すまないね。

    私もいまだにさまよってる感バリバリですが、
    さまよい始めるまで女子のが選択肢が多い、とかも考えたことがなかった。
    違う選択肢を選んだ人同士での確執が、と言われることも多いけど
    みんながたくさんある中から、自分はこれを選んだ、って納得してれば
    そうはなりづらいんじゃないかな。
    だからたくさんある選択肢を知るためには、こういう場は必要だよなとも。

    人に今自分が置かれてる環境を話すことで
    本当にいろんな人に支えられてることを再確認するし、
    その人たちでの恩返しの意味でも
    あとに続く人に自分がしてもらったことをしたい
    とあらためておもいました。

    そのあと渋谷方面に出る用事があったので
    せっかくだから副都心線で出てみよう!とおもったんだけど
    結局駅が見つからず馬場歩きしてしまった。
    西早稲田駅ってどこにあったんだろう。。。なぞ。
    posted by リョーコ at 06:42| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2010年02月07日

    土曜日はカレーの日

    P2065445.JPG
    大学のときの友達が遊びにきてくれた。

    今週もカレー。
    今週は夫がつくった。

    P2065450.JPG
    子どもになつかれるタイプとそうでないタイプの
    違いってどこにあるんだろう??

    P2065453.JPG
    子どもにはなつかれなくても女子には人気。



    たのしかったなー。
    好きな人と一緒にご飯を食べる
    こと以上の喜びってなかなかない。

    これから変わることも変わらないことも
    たくさんあるんだろうけど、
    いろんな距離感をうろうろしながら
    離れることはないといいなー。
    posted by リョーコ at 00:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2010年01月31日

    自家用車来る/カレー部部活

    P1315383.JPG
    なにかつくってる。

    P1315388.JPG
    なに?
    「ちょっと、まっててねー」

    P1315389.JPG
    うれしい。

    P1315392.JPG
    ひとりでのれる
    けど
    ひとりでおりれない。



    今日は家でカレー部。
    P1315399.JPG

    会社の先輩や同期や
    一緒にお仕事しているライターさんと
    カレーをたくさん食べて、たくさん話して大笑いする会。

    好きだから、楽しいから、一緒にいる人たちだけど
    家族を見てくれていると、
    仕事中に家庭の不測のできごとが起きたとき
    スムーズに受け入れてくれたり、
    逆に職場の人に会ってもらうことで
    夫にも仕事の話をしやすくなったり、
    そういういいこともあります。

    でも、そんなのがなくても
    一緒にいるとほんとうーーーに気持ちのいい人たち。
    好きだ!
    posted by リョーコ at 23:46| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2010年01月11日

    家事分担のこと

    PC094849.jpg
    歯を磨くときは蝋人形のようにおとなしい息子。



    日々仕事のことで頭がいっぱいだったのですが、
    久しぶりに地域の親子イベントに参加してきました。
    夫婦+子どもで参加できるもの。

    それで、主夫の夫と仕事大好きな母、という家庭は
    自分がおもってるよりもマイノリティなんだなーと再確認しました。



    夫が失業して、私が復職して、息子が保育園に行き始めてから
    今は保育園の送りと迎えは夫と私が順番にやっていて、
    掃除、洗濯、ゴミ出し、息子の保育園の準備は夫で、
    緊急時の保育園からの呼び出しは夫が対応して、
    病院へ連れて行くのも夫がほとんどで、
    お風呂掃除は気がついたほうがやって、
    息子をお風呂に入れる人と、出てから着替えさせる人も交互にやって、
    食事の支度(買い物ふくむ)と寝かしつけは私、という感じ。

    私が残業したり、休日出勤するときは
    そのぶんの家の仕事は夫がやってくれるから、
    実際は夫がやってくれることがもっと多いとおもう。



    今はこんな感じだけど、
    これがずっと続くとはまったくおもっていない。
    全員がもっと満足して、毎日を送る働き方があるとおもってるし、
    家族単位で全力模索中です。
    でも、よくあるかたちではないけど、
    今けっこう幸せなのも本当です。
    posted by リョーコ at 15:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2010年01月02日

    あけましておめでとう

    このあいだ会った占い師のかたが、
    2010年からが本当の21世紀だといっていました。
    新しい気持ちです。

    父の病気がわかってから
    目に映る風景が変わりました。
    仕事へ行けない、好きなものが食べられない、
    行きたい場所へ行けない、未来の話ができない。

    そういう中で生きてることの本質ってなんなんだろ
    とよく考えます。
    子どもを産んで育てることは、その答えのひとつかもなあ
    とはおもいます。
    あと夫婦関係を築いていくことも。
    付随するものは本質とかけ離れてるようなことがいっぱいだけど。

    人になにをしてあげられるか、
    なにを人に残してあげられるか、
    なのかなあというのが、今の答えです。

    今年は「本気で健康」を目指します。
    そもそも健康じゃなきゃ人になにかをすることができない。
    復職してから自分が風邪を引くことが多かったのと、
    この年末年始も実家も含めた家族がかわるがわる風邪を引いて
    ままならないことこの上なかったので。

    免疫力を高めて、強い自分になりたい。
    あと、心も免疫力つけたいな。
    つよく優しい自分になりたい。
    今年もよろしくです。
    posted by リョーコ at 08:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年12月09日

    賞状をもらっても少子化社会はすこしもよくならない

    PC074837.JPG
    「少子化社会を生きる」エッセーコンテストの授賞式に行ってきました。
    こども未来財団と読売新聞が主催しているもの。
    PC074835.JPG
    息子がまた熱を出したので、ひとりで。
    ほかの受賞者は家族で来ていたのでさみしかった。

    なんだかものすごく
    わだかまりまみれになって帰りました。

    手段が目的になっちゃってる感が
    そこここからあふれてるというか、
    ここに費やしてるお金と時間をもっと少子化社会をよくするために使えるのに、
    超もったいない、でも自分もその無駄に加担してんじゃん、みたいな。

    どうなりたいのか、そのためになにをする必要があるのか
    誰の力が必要なのか、自分はなにができるのか
    絶えず自問していたいです。
    posted by リョーコ at 23:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年11月07日

    はじめての週末

    職場復帰を果たして最初の週末です。

    まだ担当がないので基本的に仕事はなく、
    16:30までで帰る時短勤務を使っていて、
    しかも1日復帰して翌日祝日という
    ゆるーいスケジュールの復帰でした。

    でも息子は、
    鼻水と咳がすごいので毎日のように病院へ行き、
    中耳炎にもなりかけていて、
    しかも私の不注意で指にやけどをさせてしまい、
    水泡ができて未だかつてないほど長時間大泣きをしていて、
    夫もいなくて私も一緒に泣きたくなって、
    みたいな感じでした。
    申し訳なかった。

    夫に、ものすごく救われています。
    今、息子のお迎えと食事の支度以外、家事してないし。
    でも夫の職探しがそのせいでうまくいかなかったら、とかも考えてしまう。

    効率をよくすること、集中力をつけることはもちろんだけど
    会社じゃなくても仕事できるような環境を整えていきたい
    というのが今のテーマです。

    いろいろ言ってるけど、
    社会の風をあびるのはやっぱりとても気持ちいい。
    そういう環境を用意してくれた人たちにほんとうに感謝しているし、
    その恩を仕事でかえしていきたいとおもってます。

    お手本にしたい人がこんなに身近にいる職場に身をおけるのは
    ほんとうにラッキーなことだと実感している次第。

    今回のブルータス、モチベーションがとっても上がります。
    でもサムライでは働けない(笑)

    BRUTUS (ブルータス) 2009年 11/15号 [雑誌]

    BRUTUS (ブルータス) 2009年 11/15号 [雑誌]

    • 作者:
    • 出版社/メーカー: マガジンハウス
    • 発売日: 2009/11/02
    • メディア: 雑誌



    posted by リョーコ at 07:48| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年11月02日

    職場復帰

    PB014480.JPG
    昨日まで、私の両親と夫と息子で
    育休中最後の旅行に行ってきました。
    たのしかった。

    それはまたおいおい。

    4時間後には職場復帰です。
    1年1ヶ月ぶりにはたらきます。
    緊張して3時に目が覚めてしまいました。

    久しぶりに会う人が大勢なので楽しみなのと
    (私、自分の職場の人が本当に好きなんですよ)
    仕事のいろんなことを覚えてるか不安なのと
    (もともと激しく忘れっぽいんですよ)
    きちんとした服で行きたい、、、でも送り迎えでヨダレつくよなあ、、、
    なに着てったらいいんだろうアワワ、、、みたいな
    どうでもいいこととで頭がいっぱいです。

    ブログ、タイトル変えなきゃな、、、
    でも「ススメ」なんてほど薦められる情報を提供できるのか。
    それを言えば今までだってそうだったんですけれども。

    このブログを始めたのは
    オバマが大統領に就任した日で、
    「私もなにか始めなきゃ!」みたいな気持ちがきっかけでした。
    やってみてよかったです。
    誰が読んでるんだろうと思いつつ更新してたけど、
    このあいだのサロンで、あーやっててよかったと思いました。

    いやいや振り返ってる場合じゃない!


    あたらしい明日を
    もっと楽しい一日にしたいです。
    自分だけじゃなくて、
    自分のまわりの人にとっても。
    毎日もっともっととおもいながら、
    進んでいきたいとおもいます。

    育休、おもしろかったです。

    今まで読んでくださったかた、
    ありがとうございました。
    これからもよろしくお願いします。
    posted by リョーコ at 05:07| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする