人気記事

    2014年03月06日

    マドレボニータの産後プログラム指導法集中講座2daysを受講した話

    5年越しの思いを実らせ参加(暑苦しい)

    NPO法人マドレボニータの
    産後プログラム指導法集中講座2daysを受講した。

    受講した理由は、3つある。
    ひとつめはマドレボニータで出会う人が魅力的で
    言葉が通じやすい人が多いと常々思っていて、
    そういうコミュニティの核になるプログラムは
    どう作られているのかにとても興味があったから。

    ふたつめはマドレボニータには事務所がなく、
    インストラクターは個人事業主で
    事務局スタッフも在宅&テレワークで仕事をしていて、
    子どもがいても、夫が転勤になっても
    それぞれの場所やペースで働いているということを
    うらやましいと思っていて、自分の働き方にも
    なにかヒントになることがあるんじゃないかと思ったから。

    みっつめは今の自分の人生にある問題に立ち向かうためには
    体力と心身のメンテナンスが急務かつ重要なことで
    体へ意識を向かわせるきっかけがほしかったから。

    5年前から興味があったけど、
    指導者を目指してるわけじゃないから場違いかなーとか
    平日まるごと2日続けて仕事休めないしなーとか
    託児の手配がめんどくさいしなーとか
    いろいろ言い訳して行けなかった。
    やらないことの言い訳っていくらでもあるもんだな。

    でも、前回の集中講座の実況をTwitterで見て
    今行かなきゃ!と思い立ち、
    勢いで申し込んだ。


    事前課題を前にして

    申し込むと講座の詳細がメールできた。
    時間もエネルギーもわりとかかることだったけど、
    物事をやるためのきっかけを人に設定してもらって
    さらにそれを人に見てもらえる贅沢な機会なんて
    大人になってからそうそうないと思って、
    それを味わいながら取り組んだ。

    学生のころって、実はすごく贅沢だったんだなと思う。
    自分がそうだったときは、まるで気がつかなかった。

    自分が学びたいことのために
    お金と時間を費やして、
    家族にも協力してもらって、
    それで何も持ち帰れなかったってわけに行かないなと。


    産後クラスについて学ぶ

    私は、最初の出産後に1回、
    2回目の出産ではにんぷクラスと産後クラスに1回ずつ参加した。
    それで集中講座では、そのプログラムがひも解いていかれるんだけど、
    そのひとつひとつが実際クラスに参加したときに
    印象に残ってる部分だった。

    必ずしもポジティブな印象への残り方じゃなくて
    「具体的に何回なのか教えてほしい」とか
    「もう時間ギリギリなのにまだやるの?」とか
    疑問に感じた部分も多かった。
    でも、それも確信犯的だったんだと気付いて
    そのたび、ひーーーと思った。

    妊婦や産後で、意識が朦朧(!)としていても忘れない
    引っかかるようなフックの作り方で、
    インパクトを残すということの
    一筋縄ではいかない感じを思い知った。


    依存させないということ

    印象に残った話がいくつもある。
    その印象に残る場所は、聞く人によって違うと思う。
    私が今回とてもインパクトを受けた部分をいくつか書きたい。

    産後クラスは、参加した人ならわかると思うんだけど
    産後の身にとってとても居心地のいい場所だ。
    受け入れられてる感(これも入念に準備されてる)があるし、
    自分と状況が似ていて、求めるものが近い人が集まってるし、
    クラスに参加するごとに体力が回復するのを実感できる。

    でもここが終着点ではなく、
    その先に自分で進むためのエネルギーを得る場所だから、
    いつまでもクラスに依存しないように、
    仕組みを整えているというのにガツーンときた。

    だって、個人事業主だったらリピートする人が多いほうが
    利益も安定するし、そっちを取りたくなっちゃわないかな?と。
    目先の利益より、ビジョンを優先させることを
    気持ちだけではなく、仕組みとして作っていることに
    衝撃を受けた。

    そして、気付かないうちにハマりがちな依存についても考えた。
    依存をおそれるあまり、私は常に引いて冷めてる部分がある気がする。

    依存と熱狂的な愛情との線引きとして、
    その気持ちを自分の言葉で説明できるか
    っていうのをめやすにしてるんだけど、
    言葉への瞬発力が落ちてるときはなかなかそれができず
    愛情にタイムラグができちゃうこともしばしばだ。

    マドレボニータへの共感を最初に素直に言葉にできたのは、
    クラスに参加して体力が勢い良く回復していたからこそだったと思う。
    そう考えると、すべてつながっていることに気付いて驚く。


    言葉を大切にする

    私が最初にマドレボニータを知ったのは
    最初に妊娠中に出産本を読みあさっていたときに
    吉岡マコ先生の本を読んで、
    こんな考え方や言葉を持っている人が提案する運動なら
    してみたいなと思ったことからだった。
    それまで運動は好きじゃなかったし、苦手意識もあった。

    クラスの中で使われる言葉にも
    よく使われる類語ではなくて、
    それでなくてはいけない理由がいくつもあって、
    それが「マドレボニータらしさ」を作っている。

    それに惹かれる人が集まるから
    言葉に対する優先順位の置き方が近い人が集まるから、
    「言葉が通じやすい」と感じるコミュニティになるのかな
    と思った。

    だからこそ、居心地が悪いと感じるときもあるんだとも。
    私は、自分以外のことに手一杯になってるときとか、
    自分の言葉と行動にまったく自信がないとき、
    マドレボニータのコミュニティが居心地が悪いと感じる。

    マコ先生の「言葉の陳腐さに敏感に反応する」
    という言葉にどきっとした。
    だからここにはいられない、みたいな気持ちを思い出した。


    消費者に成り下がらせない

    母になった女性に対して
    享受するだけの存在という思い込みが
    社会にもあるし、その女性たち自身にもある。
    その思い込みを止めるために、主体的に生み出すという話にも
    内臓をつかまれるような気持ちになった。

    抵抗を感じつつも、楽なほうに流されて
    その思い込みに乗っかってた部分を自覚したから。

    でも、人にお金を払わないと
    何かを得られないという思い込みは
    すごく怖いし、むなしい。
    そうじゃないよなと思いつつも、
    ひとりだけでそれを信じるのは難しいとも思う。

    だからそれへの抵抗として「場」を作るというのは、
    本当に理にかなっているし、ありがとうございます...と
    心の中で感謝を述べまくっていた。


    自分の快適さへの貪欲さが足りない

    肩こりとか、みんな受け入れ過ぎでしょって話。
    そのメンテナンスも他人にゆだねて、
    自分でどうにかできると思っていることの範囲が狭すぎる。

    自分の体の快適さへのジャッジは自分しか出来ない。
    だからこそ、自分でコントロールできないと
    生きるのがしんどい(大げさ?)。

    まずはもっと快適にっていう貪欲さを持ち続けたいし、
    次にそれを自分でコントロールするためのスキルに
    磨きをかけたい。
    これは心身ともに言えること。


    働き方へのかかわりかた

    すごく新しいことをどんどん実践してるマドレボニータも、
    いつも間違わずに何かを選んでるわけではなくて、
    問題に出くわすたびに正面から向かって
    その都度立ち止まって考えてるんだなと思った。
    それが難しいんだけど。

    だから、新しいことができないっていうのは
    問題にちゃんと向き合っていないか、
    問題を正しく認識できていないか、
    どうなってほしいかを正確にイメージできてないか
    どれかなんだと思う。
    でも、どれも認めたくなくて結局
    やっぱりできない、だけで終わらせてる。
    思考停止ってやつ。

    集中講座には、答えはこれです
    って明確に示されない問題もいっぱいある。
    (大人になればだいたいのものごとはそうだよね)
    でも、答えを探さずにはいられない、
    かきたてられずにはいられない、
    そういう要素がちりばめられている。

    アシスタントだった高橋葉子先生が
    「かき立てられなくなった時が辞める時」って言ってたのが
    腹にどすんときた。


    人に伝えるということ

    文章を朗読したり、
    実際に前に出て教えるシミュレーションをしたりもした。
    それをして思ったことは、人に何かを伝えるなら
    伝える側の人はその何倍もそのことを
    理解して、整理していないと
    相手を納得させられないということ。

    そしてそれをするためには
    日頃からものごとを言語化する瞬発力が必要で、
    それにはひたすら訓練を重ねるしかないなと。

    でも、うまく伝えられるようになるまで黙っておこう
    だと、いつまで経っても全然伝えられるようにならない。
    だから、拙くても整理されてなくても
    耳を傾けてくれる人たちの存在が必要なんだと思う。
    そういう人と出会うための場所としての
    産後クラスの役割にも気がついた。


    後味はどすんとした感じ

    ヘビーだった。
    充実感、みたいなすっきりした言葉とも違う。
    まだ消化できてない部分が多くて、
    でも、これから考えたいことへの
    問いの立て方はおぼろげながら見えてきた気がする。

    「清濁合わせのんだ美しさ」っていう言葉を
    マドレボニータではよく使う。
    私はまだまだ「濁」の部分への掘り下げ方が甘かった。
    同時に「清」の部分もまだ本当には
    味わえていないのかもしれない。
    この世には、まだまだ知りたいことが多すぎる。

    posted by リョーコ at 09:47| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2013年08月18日

    父の三回忌を終えて

    父が亡くなって、丸2年が経とうとしている。
    誇張ではなく忘れた日は1日もないし、
    家族といると「お父さんだったらこう言いそうだよね」
    みたいな話もしょっちゅうしてる。

    でも、亡くなった当初に感じてたような
    まだ生きてるような気がする感覚はないし、
    そういうのが風化していくのが悲しい
    っていう感覚も薄くなった。
    時間が楽にしてくれるっていうのは、こういうことなんだな。

    逆にどんどん濃くなるのが、
    あのときに感じた強い気持ちを糧に
    行動を起こせていないんじゃないかという焦り。

    いつ死んでもおかしくないんだから
    やりたいことを早くやらなきゃと
    強く思ったはずなのに、
    結局先延ばしにしていることが多くて
    当時と変わらない現実に気づくたび
    心が重くなる。

    ふたりめの子どもを産んだとき、
    その気持ちが少し軽くなった。
    すごくやりたかったことのひとつを遂げて、
    自分の世界が変わったから。

    三回忌に次男を連れて行って、
    この子はお父さんのことを知らないんだ
    とふと思ったら、悲しいけど
    これが先に進むってことなのかもと思った。

    その人が生きてた時の記憶がある人がいるうちは、
    その人はまだ生きてる、の逆バージョンに
    初めて気がついた。
    同時に、自分の中では一生変わらずに
    生きるものの存在も確認できた。

    自分より圧倒的にあたらしい人と
    絶対変われない自分の中のある部分を
    両方大事にしたい。
    相反するようでいて、
    そのふたつはつながっている。

    2年前に書いた文章。
    あんまり変わってないな。
    http://kodomototabi.seesaa.net/article/226116759.html
    posted by リョーコ at 17:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2011年09月16日

    親を亡くすということ

    8月29日に、
    父が亡くなりました。
    56歳でした。

    あと1日、生きてくれたら
    57歳になるところでした。

    遺影には、5ヶ月前に一緒に行った箱根で
    私が撮った写真を使いました。
    お父さんは、ずっと笑顔。
    iei.JPG


    最初に父のがんがわかったのはおととしの冬。
    それから手術、抗がん剤治療をして、一時は本当に元気になった。
    もしかして骨転移しているかもしれないと言われたのが今年の6月。
    それからたった2か月で他界するなんて、
    本人も思っていなかったと思う。
    最後まで、余命宣告はされなかった。



    とにかく熱い人だった。
    子どものころはよく怒鳴られたり、殴られたりした。
    私が小さいころは町中でケンカして、警察に連れてかれたこともあった。
    出掛ければ、お店の人にしょっちゅう説教していた。
    2時間説教して、最後はお店の人にお礼を言われたりもしてた。

    涙もろくて感動しやすい人だった。
    ドラマでも映画でもよく泣いていた。
    私の結婚式は多いに酔っぱらって、真っ赤になりながら泣いていた。

    会社を経営していて、仕事がすごく好きだった。
    仕事は楽しい、素晴らしいものだといつも言っていた。
    だから私は、早く働きたかったし、働くのがとても好きになった。
    でも仕事と同じくらい、家族のことが大好きな人だった。
    家族だけじゃなくて、人間がすごく好きな人だった。



    父ががんになったときから、
    人生ってなんでこんなにつらいことがあるんだろう
    こんな思いをしてなんで生きていかなきゃいけないんだろう
    とずっと思ってた。
    でも、亡くなったときのショックは
    それまでの比にならないくらい大きかった。
    亡くなった日より後は、景色が全然違って見えた。



    親を亡くすというのは、
    自分の中の時代がひとつはっきり終わるってことだと思った。
    愛されて守られていた、子どもの時代がはっきりと終わった。



    ゆっくり悲しむ間もないくらい、
    初めて自分が当事者になる葬儀は大変だった。
    そしてお墓のことや、残された会社を継ぐ弟、
    それを心配する母を見ていると、
    死の事実が何倍にもつらく感じられた。
    こんなに長い一週間は生まれて初めてだった。



    そして、正直
    天寿をまっとうして、という年齢じゃなかったから
    すごく悔しかった。
    気持ちはわかるよ、と言ってくれる人もいたけど
    80代、90代で亡くなった人とは
    やっぱり違うと心の中では思ってた。
    誰かの悲しみを完全に理解するなんて
    絶対に無理なんだとわかった。
    私も、ほかの誰かの悲しみを100%理解することは
    絶対できないんだとわかった。
    そして、他人の悲しみに寄り添うには
    どうしたらいいんだろうと考えていた。
    全部をわかってくれたわけじゃなくても、
    でも、人からの言葉や、気持ちや、ふるまいに
    一番心を慰められたのも事実だから。



    母と弟たちを守らなきゃ、とずっと考えてた。
    母と弟たちを守るために自分になにができるか。

    いろいろ考えたことを大ざっぱに総括すると、
    私はもっとお金を稼ぎたいってことと、
    もっと子供をたくさん産みたいってことを思った。
    生きるのにも死ぬのにもお金はかかる。
    そしてお金で守れるものも、たくさんあった。
    そして、息子がいると、
    こんなつらい中にいても家族が笑顔になれた。
    今までしたことでいちばん生産的で大事な人に喜ばれたのは、
    子供を産んだことだったなと思った。

    兄弟がいて、本当によかったと思った。
    弟たちと、今までの楽しかった父との思い出や、
    母を支えるためのことを泣いたり笑ったりしながら、たくさん話した。
    心強かった。
    それで、息子にも早く兄弟を産みたい、産まなきゃと思った。

    そのふたつが手段で、目的はひとつ。
    残された家族と今まで以上に、仲良く楽しく暮らしたいってこと。



    死ぬことについて本気で考えたら、
    生きることでの課題ばかり鮮明に浮かんでくる。



    お父さん、ありがとう。
    posted by リョーコ at 00:53| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2011年08月20日

    BRUTUSの島に住む特集と、人生模索中って話

    BRUTUSの「島に住む」特集がおもしろかった。

    BRUTUS (ブルータス) 2011年 9/1号 [雑誌] [雑誌] / マガジンハウス (刊)

    虫嫌いだし、海もそこまで好きじゃないし、
    暑いのも寒いのも好まないけど、
    なんだかとても心ひかれるものがあり。

    私は、今の生活が、持続可能とは思えないときがある。
    だから、自分なりに持続可能な生活形態を
    手さぐりながら探している人たちに
    とても惹かれたんだと思う。

    自分のしていることが
    未来の世界をよくしているとは思えなかったり、
    だから今みたいにお金を得たり、生活することが、
    そのうちできなくなるんじゃないかと。

    今、自分を取り巻く環境が細かく分業化されすぎていて
    そう思うのかもしれない。
    それを補うために必要なことがあるとすれば
    人とつながり、共感しあいながら
    生きてるってことを実感することなのかなと思う。

    でもコミュニティが強固になったとして、
    自分はそのコミュニティになにを提供できるのかといえば
    特にないなーっていうのも引っかかってる。

    今から見つけるとすれば、
    それは自分がしたいことじゃなくて
    周りがなにを求めてるのか観察することで
    わかるんだろうな。



    夫に「この本読んだらなんか引っかかる!」
    って渡して読んでもらって、
    なぜ私が引っかかるのか、言葉にしてもらった。
    私は直感的にこうかも!と思うことはあっても
    その理由はまったく説明できないことが多い。
    夫ありがとう。

    posted by リョーコ at 17:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2011年03月17日

    ふだんどおり と 変化 について

    P3160844.jpg

    地震が起きてから、いろんなことが変わった。

    節電で街は暗くなった。
    食料品店の棚はからっぽになった。
    会社でしかできない仕事だけを会社でやるようになった。
    煽るばかりのTVニュースは見なくなった。
    早く家に帰って、家族でごはんを食べるようになった。
    早く電気を消して、寝るようになった。
    保育園には麦茶を持参するようになった。

    無駄なことを徹底的になくそうとしているし、
    大事なことを今まで以上に大事に考えるようになった。

    きっと私にとっても、日本にとっても
    大きな転換になることは間違いないんだろうな。

    週末が終わってから、
    自分の仕事の意味を何度も自問した。
    私の仕事はなくても誰も死なない。
    今はなにもせずに省エネすることがいいのか?とか
    自宅待機になる人々を見て、
    こういうときに待機にならない会社ってなんでなんだろう、とか
    でも自分も現場ではそれを指示する側なわけで、
    その場に来てくれるスタッフの安全を考えたら仕事を頼まないほうがいいのか、とか。

    でも、昨日久しぶりにつけたテレビで
    ふだんどおりのバラエティ番組をやっていて
    それを見たとき、すごーく安心した気分になって
    ふだんどおりがこんなに自分の気持ちを落ち着かせるなら
    自分にもできることがあるのかもしれないとおもった。

    あとは、職場で会う人会う人
    みんな一生懸命自分の仕事をしていて
    そういう人たちに報う意味でも
    自分のやるべきことは本気でやらないといけないとおもった。

    とりあえず近くの人に恥じないように努力することを
    みんながやれば遠くの人にも届くのではと仮定。

    家の中でもそう。
    子どもが不安にならないように(地震後ちょっと様子がいつもと違った)
    ふだんどおりを心がける。

    ふだんどおりを心がけつつ、
    考え方や生き方はドラスティックに変えていかなきゃいけないような気がしてる。
    posted by リョーコ at 22:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2011年03月13日

    地震が起きた日のこと

    今まで経験した中で一番大きい地震が、2日前に起きた。
    もっと大変な地域の様子を見て胸がいたむ。

    ここでは自分自身の記録のために、
    東京で震度5が起きたときのことを書こうとおもう。
    思いつくままに書いたらものすごい長文になってしまった。
    続きを読む
    posted by リョーコ at 15:56| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年11月02日

    職場復帰

    PB014480.JPG
    昨日まで、私の両親と夫と息子で
    育休中最後の旅行に行ってきました。
    たのしかった。

    それはまたおいおい。

    4時間後には職場復帰です。
    1年1ヶ月ぶりにはたらきます。
    緊張して3時に目が覚めてしまいました。

    久しぶりに会う人が大勢なので楽しみなのと
    (私、自分の職場の人が本当に好きなんですよ)
    仕事のいろんなことを覚えてるか不安なのと
    (もともと激しく忘れっぽいんですよ)
    きちんとした服で行きたい、、、でも送り迎えでヨダレつくよなあ、、、
    なに着てったらいいんだろうアワワ、、、みたいな
    どうでもいいこととで頭がいっぱいです。

    ブログ、タイトル変えなきゃな、、、
    でも「ススメ」なんてほど薦められる情報を提供できるのか。
    それを言えば今までだってそうだったんですけれども。

    このブログを始めたのは
    オバマが大統領に就任した日で、
    「私もなにか始めなきゃ!」みたいな気持ちがきっかけでした。
    やってみてよかったです。
    誰が読んでるんだろうと思いつつ更新してたけど、
    このあいだのサロンで、あーやっててよかったと思いました。

    いやいや振り返ってる場合じゃない!


    あたらしい明日を
    もっと楽しい一日にしたいです。
    自分だけじゃなくて、
    自分のまわりの人にとっても。
    毎日もっともっととおもいながら、
    進んでいきたいとおもいます。

    育休、おもしろかったです。

    今まで読んでくださったかた、
    ありがとうございました。
    これからもよろしくお願いします。
    posted by リョーコ at 05:07| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年08月01日

    はじめてのでじいち

    ??.jpg
    オリンパスペンを買いました。
    初めてのデジタル一眼。
    うれちい。
    posted by リョーコ at 23:36| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2009年06月29日

    iPhoneを

    ??.jpg

    買いました。
    写真のアプリが面白い。
    人を撮るのにはあんまり向いてないけど。

    朝の光は青、昼は白、夕方はオレンジ
    だから撮りたい絵によって
    撮る時間は考えなさいと昔言われたのを思い出した
    今朝の空。
    posted by リョーコ at 06:17| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする