人気記事

    2017年04月24日

    名古屋の友だち

    C75A8C47-283D-4C82-90DA-510F0AFA7C86.jpg

    名古屋に住む友だちに会いに行ってきた。「近くに行くついでがあるときに行くよ」と言いながら、名古屋に行く用事というものはあまりないもので、これは会いに行かないと会えないと思い、行った。東京から名古屋は1時間43分。なにもしないには長いけど、何かするには短すぎる近さだ。

    友だちは、子どもに愛される天才で、うちの子どもたちも大好き。彼に会うのと、彼の奥さんの素敵なサロンへ行くのと、2年前に生まれた彼の子どもに会うのが目的だった。ほかに何も考えてなくて、名古屋駅で「何すればいいかな?」と弟に電話して聞いてしまった。
    56A46B92-725E-4A70-99B3-1AD7EB8C4B1C.jpg

    名古屋はなんでもあるし、東京とあんまり変わらないけど、その中で見つかるちょっとした違いを見つけるのが楽しかった。ホームにそば屋じゃなくてきしめん屋があるなとか、土曜日に子ども向けの施設に行ってもすっごい空いてて快適だなーとか、あんかけスパゲッティもモーニングもやたら選択肢が多くてカスタマイズ文化なんだなとか。

    会いに行くってすごいことだ。オンラインでいくらでもリアルタイムな状況を知ることができる。会ってなくても近況に詳しくなれるし、久しぶりな気がしないなんてことも簡単にできる。でも、そんな時代だからこそ、直接会いに行って、いつ起きて何を食べて、何を考えながら生活してるのかを目を見て声を聞くというのは、すごい価値のあることだと思った。情報の質が違う。


    友達の家に泊めてもらったんだけど、朝の時間の過ごし方とか子どもへの声のかけ方、やってる遊びなんかを間近で見られるのは楽しい。家庭って基本的に自分のものしか知らないし、みんな同じことしてるんだろうと思いがちだけど、そうじゃないなと人の家に泊めてもらうと思う。

    そうしたくなる魅力的な友だちがいるということはラッキーなことだし、誰か友だちが会いにきてくれるときは、もっとそれを大切にしたいなと思った。

    私が想像しないような生活をしている人は、想像もできないような遠くにいるわけではない。近くにいる人の話をもっとちゃんと丁寧に聞くと、びっくりするような面白い生活・考え方をしている人がいる。最近雑に暮らしていたなと思った。おなかが空いていなくても食べ、興味のある人がいても立ち止まろうかと考える前にあきらめる。ずっとそうしていていいほど、人生は長くない。生き急ぎたいきぶん。

    D7B7C7BD-ECA1-43D2-97FB-78695331477D.jpg

    posted by リョーコ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/449287161
    ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

    この記事へのトラックバック