人気記事

    2016年06月18日

    おすすめガイドブック|台北旅行@7歳&3歳

    旅はガイドブックで決まる

    一般的なガイドブックは子連れで行くことは想定されてない(あたりまえ)。でも、どんな旅行にしたいかのイメージを膨らませるのに、ガイドブックはとても大事。こんなものが食べられる、こんなことができる、こんなものを売っている、すてきなイメージがあればあるほど旅行は楽しい。台湾は近いし、リピーターも多いから、たくさんのすてきなガイドブックが出ている。今回とっても参考にしたのは下記の2点。

    この本を読まなかったら台北に行かなかった!

    子連れ台北 -
    子連れ台北 -

    初めて行った時の印象が、いいとこだけど再訪するほどでもないかな、だったのにこの本を読んでから「早く行きたい!一刻も早く子どもたちと一緒に行きたい!!!」と思った。イラストレーターの佐々木千絵さんが、自身のお子さんたちと何度も台北に通って見つけた台北の楽しみ方ガイド。まず、イラストがめちゃくちゃかわいい。行く予定なくても、見てるだけでたのしい。そして、佐々木さんのセレクトするモノやコトや場所がいちいちツボ。佐々木さんに世界中の国バージョンでこれを描いていただきたい。

    私的台湾食記帖 -
    私的台湾食記帖 -

    台湾に長年通う料理家の内田真美さんがおすすめのお店を記したガイドブック。お子さん連れでも何度も行かれているので、その点も大変参考になる。私は予約して地図を検索しながら目的地へ行くことが得意ではないので、ガイドブックに載ってるお店に行くことは多くない。でも、この本に載ってるお店は絶対絶対ここに行きたい!!!と思い、そして行って後悔したお店がまったくなかった!!!すごい本です。写真もすばらしい。実際行って食べてもまたおいしい。何と言っても文章がたまらなく良いのです。本能に訴えかける。文章に愛がある。

    戻ってきてから参考にしたもの

    旅行を終えて、あの味を再現したいなーと思ったときに大変参考になったのは下記の2点。

    うちで食べる台湾式ごはん ~いつもの食卓によりそうやさしい中華料理~ -
    うちで食べる台湾式ごはん ~いつもの食卓によりそうやさしい中華料理~ -

    上記のガイドブックの著者の方のレシピ本。なのではずれがあるわけがない。ちゃんと作れば確かにおいしい。ただ、手順や材料が手軽とは言いがたい。合間に織り込まれるコラムもすてき。

    Winnieの台湾キッチン -
    Winnieの台湾キッチン -

    こちらのほうが、かなり手に入りやすい材料とマネしやすい手順。内田さんの本でちょっとくじけそうになった時はウィニーさんの本で、これでもできるんだ!と元気をもらってました。簡単だけど、ちゃんと台湾で食べたものを思い出せる味。

    ウー・ウェンのみんなで楽しい小麦粉料理 こねてのばして粉ものパーティー -
    ウー・ウェンのみんなで楽しい小麦粉料理 こねてのばして粉ものパーティー -

    台湾料理じゃなくて北京料理だけど、私は台湾で食べて感動したのは粉もの料理だったので、帰ってきてから葱餅とか包子とかを再現したくてとても参考にした。本当にわかりやすい。そして楽しい誌面。見てるだけで幸せ。

    おいしいものを食べて、おもしろい本があれば、人生だいたい大成功!
    posted by リョーコ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/438966723
    ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

    この記事へのトラックバック