人気記事

    2015年02月15日

    「あいよ農場」で鶏のいのちをいただいた日

    千葉県東金にすてきな農場がある

    食べることが好きで食べ物がどうできているかに興味があって、子どもと一緒に自然の中で遊びたい、ということを言っていたら、友だちが千葉県の東金にある「あいよ農場」というところへ行こうと誘ってくれた。「あいよ農場」は東京駅からバスで1時間弱。ペーパードライバーで車を持っていない私は、それだけで俄然安心。新規就農した10世帯が協力して運営していて、平均年齢も32歳前後と若い。野菜の販売だけでなく、体験もさせてくれる。

    今回は鶏をしめる体験に参加した。参加者は小2から0歳までの子どもたちを連れた5家族。


    鶏をしめる

    IMG_7322.JPG

    ニワトリ小屋に行って、鶏を捕まえる。ニワトリは抱くと、あたたかくてかわいい。

    その後、しめかたを教えてもらった。羽をねじって動けないようにして、頸動脈を出刃包丁で切った。身動きが取れなくなっても、羽を動かそうとする力はものすごく強くて、悲しい声をあげて鳴く。強い、食べる、という意思がなかったら、包丁に力を込められない。ひとりだったら、今日は止めたと思う。目を見るとできないから、目は隠すようにする、という教えに納得した。

    長男は怖がって、でも見たくて、離れたところからこっそり見ていた。次男はすぐそばでじっと見ていた。ほかの子どもたちも反応はさまざまで、でも見ない子はいなかった。

    IMG_7329.JPG

    そのあと羽をむしって、解体し、料理する。ももはゆでてほぐしおかゆに、むねはミンチにしてソーセージに、内蔵や血は炒め物に、骨はスープに。

    捕まえてから料理がだいたい終わるのに、ほぼ半日。肉を食べるのってすごい仕事だ。子どもたちは飽きて、遊んでいた。初対面だし年も違うのに、すごく仲良くなって盛り上がっていた。しちゃだめなことも基本ないからのびのび。

    命をいただきます

    できた料理はどれも本当においしくて、エネルギーを食べてる感じがした。そして、農場でできた野菜とお米がまたおいしい。鶏肉もおいしいけど、野菜と米で事足りるかも感みたいなのも正直感じた。

    それで、ふだんあまり考えず一食につき一品肉、と考えて献立を作るけど、そんなに肉を食べる必要ってあるのかなと思った。すごくおいしいけど、体が肉を必要としていないときも習慣として食べてきたなと。

    ふだん私が行くスーパーでは、100グラム100円前後で鶏肉が売っている。しめるのを体験して、それが異様な安さだとも思った。どこかに歪みがあるんだろうけど、それを買うっていうのは加担することだ。じゃあ一切買わないかというと、それもできないけど、でも買うときにそのことを忘れないようにしたい。そして出来る限りは、自分が支持できるものを買いたい。

    しめたての鶏の噛みごたえはすごくて、今もあごがじんじんする。


    面白い場所は面白い人がいるところ

    その後、東金に新しくできたバーとアクセサリー工房を案内してもらった。こんな場所に⁈と思うところにあって、こんな場所なのに⁈と思うくらいすてき。東金のことを全然知らなかったけど、面白い人がひとりいると近い志を持った人が集まって、面白い人が集まると魅力的な場所になるんだな〜。私が考える面白い人は、自分のしたいことを自分の言葉で説明して行動している人、なんだと思う。また来たい。

    やりたいことは言ってみるとまわりの人がいろいろ教えてくれたりするので、言ってみるものだなと思う。ひろこさん、ありがとう!
    posted by リョーコ at 07:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック