人気記事

    2015年01月12日

    子どもと船旅は相性がいい|イギリス&スウェーデン母子旅行@5歳&1歳

    子どもと船旅は相性がいい

    DSC02312.JPG

    桐島洋子さん(大ファン)の著書を読んで、子どもができたらいつか船旅をしたいなと思っていた。夢があるし、飛行機より体力的にラクそうだし。ひとりだったらつい時間を惜しんであちこち行きたくなってしまうので、ゆっくりとした旅行を楽しめるのは今だけかもと思っていた。

    それで今回の旅行を検討していたとき、ピースボートの子どもの家も興味があった。でも、全部船旅だと船以外の時間がすごく短くてもったいないと思い(やっぱり貧乏性)、飛行機で目的地まで行って、そこから船を組み合わせることにした。

    子どもと船旅の相性がいいと思う理由は3つある。

    その1 個室で移動できるようなものなのでラク!

    DSC02393.JPG

    これがいちばん!荷物さえ船に積んじゃえば、景色を見ていてもごはんを食べてても部屋でゴロゴロしていてもいい。いつでもおむつ替えられるし、どこでも授乳できる。飽きたら思う存分ウロウロできる。

    その2 子ども用設備の異様なまでの充実!

    DSC02242.JPG

    船にもよると思うけど、わりと大きめでファミリー層ターゲットの船ならキッズルームがすごく充実してる。乗客はファミリーとシニアがダントツで多かったので、そのふたつの層に向けたサービスは手厚い。

    その3 安い!

    DSC02293.JPG

    2泊泊まって朝夕食ついてレクリエーションもたっぷりあって当然移動コストも込みで、ストックホルムとヘルシンキの往復が3人で4万円くらい。物価が高い北欧とは思えないコストパフォーマンス。ごはんもおいしかった。

    北欧は各国間で船がたくさん出ているので、スウェーデンのストックホルムから出ている便の中から行ってみたい場所を選んだ。バルト三国もかなり心惹かれたけど、せっかくだから北欧を見比べようとフィンランドのヘルシンキにした。


    WEBよりも対面で買ったほうが得??

    行きたい日程と目的地に合致していたのがViking Lineというフェリー会社の船。オンラインで何度も予約しようとしたけど、サーバーが不安定でカード情報を苦労して入力してもずっとエラーになってしまった。ロンドンについてから手配していたので端末はiPhoneしかなく、小さい画面でせこせこ入力するのは骨折りで、さらに直前になるとどんどん空室も少なく、価格も高くなっていったので、ストックホルムに着いてからViking Lineの店舗に行って買うことにした。それでいいチケットがなかったら船旅はあきらめることに。

    ストックホルム中央駅のとてもわかりやすい場所にViking Lineのカウンターはあった。カウンターの人に聞くと、私が乗りたかった便はWEBで見るよりもいろんなクラスの部屋で空室があった。さらになぜか、WEBで予約するよりも3割くらい安かった。直前割的なことなのか。私が乗船したのが9月のあたまで、北欧のハイシーズンは微妙に終わっていたからかもしれない。よくわからないけどラッキー。


    いよいよ乗船

    IMG_6235.jpg

    船のりばは市内にあって中央駅から直行のバスが出てる。出発時刻の30分前までにチェックインだから、その点も飛行機よりだいぶ便利(でもそれに油断して直前に遊び過ぎて時間ギリギリになってしまい、長男の手を引いて次男をだっこしながらもう片方の手でキャリーバッグを引っぱり、泣きながら走った)。外国へ行くのにSuicaをタッチするくらいの感じで乗船できて、すごいなーーーと思った。

    IMG_6241.JPG

    つづきます。
    posted by リョーコ at 06:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/412201166
    ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

    この記事へのトラックバック