人気記事

    2014年09月29日

    航空券の名字と名前が逆だった|イギリス&スウェーデン母子旅行@5歳&1歳

    DSC01313.JPG

    いつかやるとは思ってた

    私は、人と比べて注意力に非常に欠けると思う。

    今回も、降りた機内にパスポートを忘れたり、
    乗り継ぎ空港に長男のリュックを忘れたり、
    のんびりしてたら搭乗便のゲートが閉まったり、
    そういうことがよくあった。

    なので、航空券を買う時、名前を間違える、というのは
    いつか絶対やるだろうな、と確信していた。
    そして今回やってしまった。


    名字と名前が逆だった

    私は航空券を買う時、
    スカイスキャナーでだいたいの期間と目的地を入れて
    安かった航空会社をピックアップして、
    その航空会社のサイトを見ながら
    いちばんいい時間の便を探して、
    航空会社のサイトから直接買うことが多い。

    スカイスキャナーに反映されていない便があるのと、
    数千円の差で使い勝手のいい時間帯の便が取れることがあるから。
    (早朝とか深夜は安いけど、前泊とかオーバーステイ代を考えると
    実は安くないことが往々にしてある。
    子連れだと空港の椅子で寝るわけに行かないから...)

    で、今回はエアチャイナで
    羽田→北京乗り継ぎ→ロンドン・ヒースローという便を往復で買った。
    行きも帰りも羽田なんてラクだなーとウキウキしながら。

    気付いたのは搭乗のチェックイン中だった(遅い)。
    乳幼児連れだとセルフチェックインできないことが多いので
    3時間前に空港に着いて、ぬかりなしだわーーと自分に満足していた。

    カウンターの方が、深刻そうな顔でずっと何か調べていた。
    電話をしたり、一旦席を離れたりして、忙しく動き回っておられた。
    そして「この航空券はご自身でとられたものですか?
    旅行代理店は通していませんか?」と確認された。

    自分で取った旨を伝えると、悲しい顔で
    「名字とお名前を逆で入力されているようです。
    一文字でもパスポートと名前が異なるとご搭乗いただけないので、
    買い直していただくことになるかもしれません」と言われた。

    驚きはなかった。
    あー今回だったかーと思った。


    羽田空港での対応

    1時間ほどカウンターの横でぼんやり待っていた。
    「航空券 名前 逆」でググった記事を片っ端から読みながら、
    いくらまでなら買い直そうかと考えていた。

    長男はさすがに不安になったのか
    「なんでこんなに待つのかな?何かあったのかな?」と言い始めた。
    今回の旅行で、何かトラブルが起きて
    長男が不安がって何が起きてるのか説明を求めて、
    逐一説明しているうちに自分のアホさ加減に落ち込む、
    というループがよくあった。
    英語のときは適当に端折って説明してたけど、
    日本語だとごまかしようがないので詳細に説明し、落ち込んだ。

    チェックインの締め切り時間も近くなって
    「今回は名前の変更ができました。
    ただ、帰国便の保証はできかねますので、
    その旨をご了承いただいたという契約書にサインをお願いします」
    と言われた。もちろんサインした。
    私のミスなのに、とても低姿勢で対応していただいて
    本当に申し訳なく思った。日本ってやさしいと思った。


    ヒースロー空港での対応

    こんなやりとりがあったのに、機内に水筒を忘れた。
    自分がどうしようもなくて泣けてくる。

    それはさておき、ヒースローについてすぐ
    不安なのでエアチャイナのカウンターに行き、
    帰りの便について確認した。

    すると超あっさり、
    「名字と名前の変更なら無料だし、その場ですぐできます」と。
    こういうのはカウンターの担当者の裁量によるんじゃないか、と疑い
    「今できるならやっちゃいたいんですけど」と言うと、
    「いやいや、簡単だから搭乗日で問題ないですよ」と笑顔で言われた。

    あんまりあっさりだったので、
    ついでに水筒を機内に忘れたので探したい旨も伝えると
    水筒?と数度確認され、鼻で笑われた。
    重要なものしか探してくれないそう。そうだよね。

    ほんのり不安を抱きながらも
    搭乗日当日にヒースロー空港のエアチャイナカウンターで
    かくかくしかじか、と伝えると、
    マニュアルを見ながら(そういう件に対処するページがあった)
    5分くらいで名前を変更してくれた。
    スムーズすぎて衝撃。
    さらにチェックインの列にも並ばず、すべての手続きをしてもらった。

    この件がエアチャイナの管轄なのか、
    それとも空港のグランドスタッフの裁量によるものなのかわからないけど、
    うっかり者の自分を助けてくれる全世界の人々の善意に感謝しながら
    これから生きていこうと思った。

    そして、その直後の便に乗り遅れそうになった。
    ヒースローの搭乗ゲート遠すぎ!
    posted by リョーコ at 01:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック