人気記事

    2014年02月27日

    悲しみのレゴランドマレーシア(前編)|シンガポール&プーケット子連れ旅行@4歳&5か月

    計画性が足りなかったのでレゴランドへ行った

    DSC02575.JPG

    マレーシアのジョホールバルにある
    レゴランドに行った。

    本当はジョホールバルにある
    マルボロカレッジのオープンキャンパスに行くつもりだった。
    (この日程に合わせて航空券だって取った)
    行き方は前日に調べればいいやと思っていたら
    前日にホテルのwifiが不具合を起こし、調べられなくなった。

    ジョホールバルまでは
    人に聞いて行けたものの、
    近いとはいえ国境を超えるのでチェックが諸々厳しく、
    予定より大幅に時間がかかってしまったので
    急遽行き先をレゴランドに変更したのだった。

    このことで気持ちがゆるんでしまい、
    さらに夫とケンカしたりして、
    バスの中で偽物のチケットを買ってしまった。
    普段だったら絶対こんなことしないのに、
    気持ちが弱いときを悪い人はちゃんと見逃さないんだなと思った。

    計画性のなさは、守るものがないときは
    楽しいハプニングを生むことも多いけど、
    守るものが多いときは、ただただリスクだ。
    こういう、人に話すと「今さら?!」って言われるようなことを
    体験によってようやく実感したのが今回の旅だった。

    多くの人が考えればわかるようなことを、
    実際体験して痛い目に合わないとわからないのが自分なんだと思う。
    バカすぎて生きづらい。

    だから、こんな能天気な写真だけど
    気持ちはどん底だった。

    そんな目に遭いたくない人は下記からチケットを購入することをおすすめします。
    窓口で買うよりだいぶ安いよ。だまされないし!
    Voyagin

    悲しい気持ちでレゴランドを見渡すと

    DSC02600.JPG

    全部レゴ(のかたちの大きなパーツ)でできてる。
    これを見ただけで、ちょっと慰められた。

    DSC02699.JPG

    アトラクションの上から、ジョホールバルの街が見渡せる。
    今まさに作っている街、という印象。
    レゴランドのまわりは何もない。お客さんも少ない。
    すごく空いていて、5分以上並ぶアトラクションはなかった。

    DSC02702.JPG

    イスラム教の国に来たんだなと思った。
    でも中は、サービスも値段も日本と変わらない場所だった。

    あまりに悲しい気分だったので
    どうでもよくなってウォータースライダーに乗ることにした。
    全身ドライヤーがあるのを見て、
    あれで乾かせばいいやと思ったのだった。

    DSC02635.JPG

    写真だと楽しそうだけど、
    心の中は悲しみでいっぱいだった。

    DSC02638.JPG

    濡れるために乗るって感じの乗り物だった。

    DSC02646.JPG

    さらに乗った後で気付いたんだけど
    この全身ドライヤーが有料(5ドルくらい)で、
    両替もあまりしていなかった私は
    濡れたまましばらくいることを選んだのだった。
    みじめ。
    でも死ぬほど暑いので1時間で乾いた。

    さんざんだったけど、4歳児は大喜びする場所だった。
    続く。
    posted by リョーコ at 13:49| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック