人気記事

    2014年01月28日

    チケットなしでF1を楽しむ方法|シンガポール&プーケット子連れ旅行@4歳&5か月

    シンガポールのF1すごい。見てないけど。

    私たちがシンガポールを訪れた9月は
    たまたま年に一度のF1のシーズンだった。

    おかげでホテルは取りづらいわ、高騰してるわ
    (だからこんなところに泊まって大変だった)
    でも、それを補ってあまりあるくらい、
    街に活気があっておもしろかった!

    コースは街のど真ん中で、
    マリーナベイサンズの屋上からはっきり見える。
    夜になるとライトアップされて、
    映画で見るお金持ちの世界みたいだった。

    テスト走行の日の午後、
    City Hall駅に降りたら爆音が聞こえた。
    コースには高い壁があって中は見えない。
    でも走行音だけでものすごい迫力で、
    モータースポーツに興味がなかった私でも鳥肌立った!

    夫に肩車してもらった長男は、
    マシンが見えたようで大興奮だった。
    (大人でも肩車しあってる人もいたけど、それは警備員に注意されて降ろされてた)

    チケットなかったけど、雰囲気を味わうだけでも
    よかったよ〜。


    とはいえチケットがあったら、もっと素晴らしかったに違いない

    友人がたまたま同じ時期にシンガポールに行っていて、
    たまたまF1のチケットが1枚余っていたのでくれた。神!
    ありがとう!

    夫がひとりで参戦し、帰ってから興奮気味に
    その素晴らしさを語ってくれた。
    とにかくマシンが近くて迫力がすごいこと。
    ライブもあってフェスのようだということ。

    会場付近ではパスをつけた子どもの姿もたくさん見たので、
    もちろん子どもでも入ることは出来る。
    ただ、0歳からパスが必要で、20時スタートの24時終了とかなので
    それなりの準備が必要。

    小学生くらいの子どもはたくさんいて、
    みんな耳栓代わりにヘッドホンみたいな耳当てをしていた。
    5か月の次男は、テスト走行の音を聞いただけで
    火がついたように泣き出したので、ムリだったと思う。

    でも、いつかは子どもといっしょに
    中で見てみたいなー。


    チケットはなくても、気分は楽しめる!

    街中F1ムードなので、気分だけならかなり楽しめる。

    DSC02762.JPG

    実物のマシンが展示されていたり。

    DSC02764.JPG

    マシンの運転ゲームができたり。

    DSC02766.JPG

    その場で写真を撮ってシールを作ってくれたり。

    DSC02768.JPG

    かっこいいポストカードをもらえたり。
    これはすべてOrchard駅周辺のデパートでできたよ。

    あとはマリーナベイサンズのフェラーリストアにも
    マシンの展示があったし、子ども用のユニフォームも売ってた。
    F1のマシンって間近で見ると美しい。

    車大好きな長男は、夢中で楽しみ、相当インスパイアされて
    しばらくは絵を描いたり、レゴでレーシングカーを作ったり、
    その世界にどっぷり浸っていた。

    F1にちょっと古いイメージを持っていたけど
    それはF1を盛り上げられる経済力が、
    日本にとっては過去のものになってるだけなのかなと思った。

    経済が右肩上がりのシンガポールで見るF1は、
    やたらキラキラしたスポーツに見えたもん。
    チケットなしで見た限りではあるけれど。
    posted by リョーコ at 11:03| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック