人気記事

    2011年02月12日

    芥川賞受賞作とタレの話

    文藝春秋 2011年 03月号 [雑誌] [雑誌] / 文藝春秋 (刊)

    「親子で前科者の日雇い労働者」の西村賢太「苦役列車」と
    「文学一家のお嬢様で美人」な朝吹真理子「きことわ」を読んだ。

    前者は、おもわず鼻をつまみたくなる情景と
    実際いたら目を合わせないようにする主人公と
    不快極まりないけどものすごく「読ませる」文章で
    読み始めたらやめられなくなる。
    この作品は面白く読んだけど、
    私小説でずっとこのトーンだと
    ほかの作品も追っていこう!って気に
    私はならない。面白いけど。

    後者は、数度読まないと意味が入ってこないくらい
    自分がふだん触れてる言葉とちがう言葉で書かれていて、
    数度読んで、なつかしい匂いや湿度をときどき思い出して
    でも、まあなにも起こらずに終わる話。
    受賞者インタビューのほうが面白かったな。
    目のつけどころとか、語彙がオリジナルで。

    芥川賞を文藝春秋買って読むのなんて
    川上未映子以来。
    書いた人に興味がないともう本読めなくなってきた。
    アイドルも美術も文脈なしでは興味もてない。
    自分でおもしろい物語を発掘する努力をしてきたいものです。

    あ、朝吹さんとお友達にはなれないな
    とおもったのは(よけいな予感)
    焼き鳥をタレでばかり食べてる人ってわかってない
    みたいなくだりにて。
    ちょっと劣等感を持ちつつ
    やっぱタレのが旨いもん!!!

    posted by リョーコ at 21:14| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/185606628
    ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

    この記事へのトラックバック