人気記事

    2011年01月30日

    子どもの個性について

    P9248970.JPG

    子どもというのは無鉄砲であまりいろいろ考えないもの
    だとおもってたけど、(個人差はあるだろうけど)
    実際日々をともにするとそうでもないとわかってきた。

    2歳だけど、
    少なくとも28歳の私より慎重だし、保守的だし、こまかい。

    部屋に入ると上着と靴下をすぐ脱ぎたがる。
    親も脱がないと怒る。
    自分のよだれで服などが濡れると「びしょびしょー」と泣く。
    マンションの入り口で
    「くるまがくるから、あぶないからー!」と泣く。
    初めて食べるものはひとくち口に含み、
    必ず出して、それから食べるか判断する。
    私が夫のものを借りてると気にする。

    夫婦ゲンカしていれば取り持とうと、
    それぞれの傍でおどけて笑わせようとするし
    仲良くしていると「ぱぱとあんまりおはなししないでね」と
    嫉妬したりもする。

    目的地まで歩いてる途中で、だっことごねるので
    「自分で歩いて目的地まで行くか、
    だっこしておうちに帰るか選びなさい」と言ったら、
    しばらく考えて目に涙をためつつ、歩き出す。

    自分とは個性がちがう、
    私とはちがう考え方をもった人と
    一緒にいるんだなーと頻繁におもうようになった。

    それはたのもしいことでもあるし、
    親って子どものためにいったい
    なにができるのかなと振り返ることでもある。

    P1010162.JPG
    posted by リョーコ at 15:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 成長記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/183180309
    ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

    この記事へのトラックバック