人気記事

    2011年01月08日

    『僕の小規模な生活』4巻は家族で読むべき

    僕の小規模な生活(4) (モーニングKCDX) [コミック] / 福満 しげゆき (著); 講談社 (刊)

    今、新刊が出たら必ず買うマンガ家は
    福満しげゆきだけだ。

    3年くらい前に彼氏(現夫)に「絶対好きだとおもう」と
    『うちの妻ってどうでしょう?』を貸されてから、どっぷりハマった。
    作品に出てくる福満さんの「妻」がとにかくカワイイし、
    マンガ家から見た編集者の描写がグサグサくるし、
    『僕の小規模な失敗』ではとにかくダメだった「僕」が
    ちゃんとマンガ家になって、複数の連載を抱えたりして、
    カワイイ女の子と結婚して、子どもまでもうけて、
    それで今後を常に不安がってたりすると、
    もう応援しないわけにはいかない!!!って気持ちになる。

    で、4巻(4巻まで出るなんてすごい!)。

    3巻で生まれた子どもが成長するにしたがって
    起こるいろんなできごとをつづっているんだけど、
    育児をしない夫(妻)にぜひぜひぜひ読ませたいのが
    第98話「赤ちゃんは!しつこい!」。

    乳児と留守番することになった「僕」の
    「ウソだろ?
    これ・・・・・・
    ずーーーーっと
    構ってないと
    納得しないわけ?」
    というモノローグが、
    自分が子育てを始めて、結構衝撃を受けたことだったのです。

    「子ども見ながら仕事する」とか、
    絶対ムリだなー両方まじめにやるんだとしたら
    とおもったなーと。

    その感じって、「僕」がいう
    「自分の“いいとき”に
    “いいよう”に見てる だけ」
    だと、わかんないとおもう。
    でもそこを夫婦で共有できると
    やってくれてる相手に感謝の気持ちがすごく湧く。

    それを受けての第99話、家族の話がまたイイ!

    とこんなふうに書くと
    「教訓だらけのほのぼのエッセイマンガ」
    みたいで、敬遠されそうで、申し訳ないのですが、
    本当はもっとくだらなくて、ちいせえこともいっぱい言ってて
    でもセリフとか擬音にクセになる魅力があって
    ついふだんの生活でも使いたくなっちゃったりして
    とにかく私の大好きなマンガです。

    読んでほしい。
    できれば買ってほしい。
    さらにできれば編集部に応援のメールを送ってほしい!!!
    (私は福満さんとはまったく面識はないです)
    posted by リョーコ at 02:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/179543719
    ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

    この記事へのトラックバック