人気記事

    2017年09月13日

    子連れ海外旅行の持ち物-ToughCamera持っていってよかった|8歳&4歳@世界一周母子旅行

    P8104406 2.jpg

    こんなものを持っていった

    カバンはL.L Beanのローラーつきダッフルバッグ(130Lくらい)とレスポートサックのマザーズバッグ(20Lくらい?)。
    LeSportsac レスポートサック 7532 RYAN BABY BAG ライアンベビーバッグ H013 スーパーノヴァライトニング ショルダーバッグ マザーズバッグ 【取寄商品】 【同梱不可】 - ee-shopping
    LeSportsac レスポートサック 7532 RYAN BABY BAG ライアンベビーバッグ H013 スーパーノヴァライトニング ショルダーバッグ マザーズバッグ 【取寄商品】 【同梱不可】 - ee-shopping
    ↑これの色違いだけど、素晴らしく使い勝手よかった。あとは現地で持ち手つきジップつきのバッグを買い足した。最初は子どもたちに自分のものは自分で持たせてたけど、乗り継ぎが多いと私がまとめて運んだ方が早い!っていうかそうしないと間に合わない!ということが多かったため。

    子どもたちはNorth Faceのリュック。私が留守にしているときに、子どもたちのリュックに母が「旅行安全」のお守りをつけていくれていて、今回は本当に心配されている…とプレッシャーを感じた。

    P7210050.JPG


    持っていってよかったもの

    ■ToughCamera
    OLYMPUS デジタルカメラ  Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK -
    OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK -
    今まではソニーのNEX5Rというカメラを愛用していて、撮れる写真は申し分なしと思っていた。でも、落とすと壊れちゃう(あたりまえ)。デンマークと香港で2回、旅行3日めとかに落として壊している。それで次に旅に出るときは、落としても壊れないカメラを買おうと決めていた。旅行中は絶対子どもが「撮りたい! かして!」って言ってくるから。

    ToughCameraは素晴らしかった。落としても壊れないし、砂漠で砂まみれになっても大丈夫。そして、水中でも気にせずバシャバシャ撮れるのが本当に素晴らしかった。
    P8063517 2.JPG
    P8114539 2.jpg
    母ひとり子ふたりで海やプールへ行くと、貴重品を見つつ自分も水にガシガシ入っていくことになるから、このカメラは手放せなかった。

    Wifiで静止画はもちろん、動画もスマホへ転送できるし、GPSでログ取れるからいろんな国へ行く旅行にはぴったりだった。唯一欠点を挙げるとしたら、充電がそんなにもたない。1日の終わりには電池がなくなる感じ。でもモバイルバッテリーを持ってれば問題なし。買って良かった!

    塩タブレット
    モロッコ、気温43度。水だけじゃ吸収されにくいので、塩レモンのタブレットが活躍した。酔い止め薬を忘れたときも「これお薬だよ」と子どもに暗示をかけて飲ませたら酔わなかった。もっと持っていけばよかった!

    氷をつくるスプレー
    大人には気休め、と映る商品ではあるが、子どもには新鮮な驚きとロマンがあったようで、暑くてバテそうな時にこのスプレーを吹き付けてあげると、ものすごく喜んだ。ふだん日本で買ったことがなかったというのもあると思う。

    ■旅の指差し会話帳
    旅の指さし会話帳 1タイ[第3版] (ここ以外のどこかへ) -
    旅の指さし会話帳 1タイ[第3版] (ここ以外のどこかへ) -
    子どもが自分で現地の言葉を話してみたい、というようになったから! 子どもに渡して自分でお買い物しておいで、とする時に必需品。大人の実用という意味では、Google翻訳のお世話になることが本当に多かった。

    必需品

    ■クレジットカード(VISAとMASTERとJCB。いちばん使えるのはVISA。JCBはまったく使えないけどマイルを貯めてるカードなので持っていきました)

    ■パスポート
    ■iPhone
    ■変電器&変圧器&コネクタ
    ■USB6口ぶん充電できるやつ
    Anker PowerPort 6 (60W 6ポート USB急速充電器) iPhone / iPad / iPod / Xperia / Galaxy / Nexus / 3DS / PS Vita / ウォークマン他対応 【PowerIQ搭載】 (ホワイト)  A2123523 -
    Anker PowerPort 6 (60W 6ポート USB急速充電器) iPhone / iPad / iPod / Xperia / Galaxy / Nexus / 3DS / PS Vita / ウォークマン他対応 【PowerIQ搭載】 (ホワイト) A2123523 -
    便利。iPhoneとiPadとモバイルバッテリーとカメラを一気に充電できる。そして早い!

    ■iPad mini
    ■モバイルバッテリー
    私のは懐中電灯にもなるタイプなので、砂漠で重宝した。5000mlA。

    ■キーロック×2
    荷物を預ける時のために。ドバイで預け入れ荷物をビニールでぐるぐる巻きにパッキンしなかったら「最適な梱包をしていない荷物なので、中から何か紛失しても責任は問いません」という書類にサインを求められた。一応キーロックする、と言ったらならいいと言われたけど。

    ■除菌ウエットティッシュ
    砂漠では特に重宝。
    ■虫除け
    ■日焼け止め
    ■洗面道具
    自分用も子ども用も頭も顔もからだも全部いっしょで、マジックソープだけ。でも困ったことありません。
    マジックソープ ラベンダー 236ml -
    マジックソープ ラベンダー 236ml -

    ■洗濯洗剤
    ■洗濯バサミ&ハンガー
    ■大きい洗濯ネット
    バスルームにかけておいて、洗濯かご的に使っている。溜まったらそのままコインランドリーに持っていける。

    ■雨具
    自分と長男用には折り畳み傘を各1本、次男用にはレインコート。メキシコとタイは、スコールが多かったので必需品だった。

    ■軽量タオル
    Syourself超極細繊維スポーツタオル&旅行タオル-(サイズ:S、M、L、XL)-アウトドア多機能、超吸水、速乾、軽く、柔らかく、抗菌のヨガ、フィットネス、砂浜、水泳、シャワー、アウトドアスポーツタオル+旅行バッグとカラビナ(ネイビー, JL Navy Blue:152cm x 76cm 1枚) -
    Syourself超極細繊維スポーツタオル&旅行タオル-(サイズ:S、M、L、XL)-アウトドア多機能、超吸水、速乾、軽く、柔らかく、抗菌のヨガ、フィットネス、砂浜、水泳、シャワー、アウトドアスポーツタオル+旅行バッグとカラビナ(ネイビー, JL Navy Blue:152cm x 76cm 1枚) -
    氷スプレー(後述)をして首に巻いて冷やしたり、日差しが強すぎるときに子どもの肩が焼けないように巻いたり、子どもが寝ちゃったときにタオルケットがわりにしたり、軽くてかさばらないので重宝。

    洋服

    ■長男の服
    トップス 5枚
    ボトムス 5本
    (これは足りなかった。そんなにこまめに洗濯できなかったので買い足した。我が家では旅行中は、パジャマと起きている時に着る服を区別していません)
    水着 2セット
    パーカー 1枚
    スニーカー
    サンダル
    ビーチサンダル(ホテルの部屋用)
    帽子
    サングラス

    ■次男の服
    トップス 10枚
    ボトムス 10本
    水着 2セット
    パーカー 1枚
    スニーカー
    サンダル
    ビーチサンダル(ホテルの部屋用)
    帽子
    サングラス

    ■自分の服
    Tシャツ 3枚
    リラコ 3枚
    パーカ 1枚
    (ユニクロのものは安くて乾きやすくて軽くて旅行にべんり)
    水着 2セット 
    下着類 5組
    自分の服は現地で買うつもりで、ほとんど持っていかなかった。どこの国でも大人のものはたくさん売ってるし、安くてかわいい。子どものものは、サイズぴったりのものを探そうと思うと割高なので、子ども服はなるべく持っていくようにしてる。大人用の持ち物は、こちらの記事を参考にさせていただきました。
    世界一周旅行の持ち物(厳選した旅グッズなので普通の海外旅行にも参考になると思います)

    子ども関連

    ■サランラップ
    ■ジップロック
    子どもが食べられる食べ物をちょっと持ち歩く時とか、残したものをしまっておく時にべんり。

    ■はさみ&マスキングテープ
    ■スケッチブック
    ■色えんぴつ
    ■折り紙
    子どもはどこにいても突然工作したくなる生き物だから。

    ■ビスコ
    江崎グリコ ビスコ保存缶(非常食) 30枚×10個 -
    江崎グリコ ビスコ保存缶(非常食) 30枚×10個 -
    災害用の缶を持っていった。子どもにアレルギーがあって、ビスケット類はなんでも食べられるわけではないので。缶が意外と使えた。こわれものを入れる時とか、雨漏りを受け止める時とか。

    ■おむつ
    寝るときはまだはかせてたけど、旅行中に数に制限があると強調しまくっていたら完全にはずれた! 人間、環境に適応するようになっているのだなー。でも長時間フライト用に少しはあるとべんり。トイレがすごく混むことがあるから。

    ■子ども用常備薬
    かかりつけの小児科で、解熱剤、鎮痛剤、整腸剤、酔い止めをもらった。それと常用しているアトピー用の飲み薬とステロイド。

    いらなかったもの

    ■エルゴ
    もう4歳だしね…。3ヶ月前に韓国に行った時に肝心なところで次男が寝て、目的地でベビーカーを借りられたことで切り抜けた、ということがあったので、軽量のカンタンなベビーカーを買うか直前まで悩み、持っていかないならせめて、とエルゴを持っていったが、1回も使わなかった。深夜便の間の乗り継ぎだと寝て起きないけど、そういうときは空港にある手荷物カートに乗っけていた。でも長男が一度、次男が乗ってるところでカートをひっくり返してパニックになった。ついでにその時、おみやげに買ったタジン鍋が割れた。

    ■手首をつなぐひも
    幼児 子供 安全 ベルト セーフティ 紐 迷子紐 迷子防止ひも 【長めの2.5m】 CG - おもしろ便利グッズ専門店バルサ堂
    幼児 子供 安全 ベルト セーフティ 紐 迷子紐 迷子防止ひも 【長めの2.5m】 CG - おもしろ便利グッズ専門店バルサ堂
    行く前にメキシコの治安を調べていたら心底不安になり、衝動的に2つ買ってしまった。メキシコでもモロッコでも市場とか混み合うところにがっつり行く予定だったので、私は子どもから常に目を離せずにいられるだろうかと心配になってしまった。でも、子どもに絶対離れるなと言っておけばもう大丈夫な年齢だった。

    持っていけばよかったもの

    ■湿布とかバンテリン
    子どもはいっぱい歩くと、成長痛に過敏になるっぽいので。

    荷物が重すぎる問題

    出発前の時点で、荷物は計30kg。

    私はスーツケースは事前にパッキングをしてヤマト運輸の空港便で送ってる。子どもたちを連れてスーツケースを引っ張るのが大変というのもあるけど、送るとなると出発2日前までには発送しなければならず、おのずとパッキングも早くやるようになるから。自分で持っていくなら、絶対出発直前まで荷造りをせずにギリギリになる! だいたい私は、集荷の人が来てもパッキングが終わってない。ヤマト運輸の方には本当に感謝しています。

    P8104408 2.JPG

    空港ではすぐにカートを探すし、空港から泊まる場所まではタクシーを使うことが多いし、荷物を持ってたくさん移動する場面では友人と一緒のことが多いので助けてもらって、なんとかやっています。そのうち息子たちが持ってくれるようになるのかなー。

    つづきます。
    ラベル:世界一周旅行
    posted by リョーコ at 07:00| 東京 🌁| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2017年09月04日

    世界一周航空券をオンライン&電話で購入|8歳&4歳@世界一周母子旅行


    ルートを決めるまではこちら

    スクリーンショット 2017-09-02 6.33.50.png

    世界一周航空券を買ってみよう

    ワンワールドのサイトから最終的なコースを決めたら、購入ボタンを押せばすぐ購入、というわけには行かない。購入ボタンを押すと、支払いについてはアメリカン航空のオフィスに問い合わせるようメールが来る。東京のアメリカン航空のオフィスに電話し、口頭でクレジットカードの番号を伝え、それで決済できれば完了となる。なかなかつながらないアメリカン航空を気長に待ち、とりあえずは手続きを行う。

    が、支払いに失敗したと電話がきた。金額が大きいので、クレジットカードの上限金額を引き上げておく必要があったのだが、最初はそれに気がつかなかった。クレジットカード会社に頼んで、引き上げを頼み、その結果を確認してもう一度電話をする。そのアメリカン航空の電話はかなりつながりづらく、営業時間も短い。私のチケットでは、アメリカン航空は一区間しかなかったのでちょっと悔しかった。営業時間の長いJALだったらもっとスムーズなのに、と。

    アメリカン航空から逃れられない

    ついでなのでいろいろ聞いたら、オンライン発券の場合で区間にひとつでもアメリカン航空が含まれていたらアメリカン航空から購入になること、オフィスに出向いてカード決済も、現金支払いも受けておらず、支払いは電話でクレジットカード決済の一択であること、出発前の変更はすべて購入した航空会社の管轄なので、変更したい場合はすべてアメリカン航空に問い合わせること。なかなか面倒くさい。代理店を通すとこういう面倒くささがないのかもしれない。

    ちなみに日程変更したいと思って電話したとき、最初のフライトに乗るまではアメリカン航空の管轄、と言っていたので1回目のフライトが終わってからJALにかけてみたら、購入がアメリカン航空だったのでその後の変更もすべてアメリカン航空でしかできません、ということだった。でも、これもそれぞれの航空会社は知らず、やってみたらできなかったから、みたいな感じだった。世界一周航空券って航空会社の中でもマイナーなサービスなのだな、とひしひしと感じた。なので、いろいろな手配は早め早めにやったほうがいいのだな。あたりまえ。

    つづきます。
    posted by リョーコ at 05:00| 東京 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2017年09月01日

    世界一周航空券のルートを考える|8歳&4歳@世界一周母子旅行

    ルートの作り方

    P7210045.JPG

    私の最終的なフライトはこんな感じ。

    東京(成田)→アメリカ(ダラス・乗り継ぎ)→メキシコ(メキシコシティ)→(バス)→メキシコ(オアハカ)→(LCC)→メキシコ(メキシコシティ)→スペイン(マドリード・乗り継ぎ)→モロッコ(マラケシュ)→(ツアー)→モロッコ(サハラ砂漠)→モロッコ(マラケシュ)→スペイン(マドリード・乗り継ぎ)→イギリス(ロンドン・乗り継ぎ)→アラブ首長国連邦(ドバイ)→スリランカ(コロンボ・乗り継ぎ)→タイ(バンコク・乗り継ぎ)→(LCC)→タイ(チェンマイ)→(陸路)→タイ(バンコク)→東京(羽田)

    このルートを26日間で回った。「子どもがいるなら滞在型の旅がいい」とずっと思っていて、それもすごくいいんだけど、子どもたちもある程度大きくなってきたし、飛行機に乗るの大好きだし、それより何より私がどうしても世界一周航空券を使ってみたくて、それでずっと行ってみたかったところに行きたくて、今回はこのようなルートにした。行きたい町へ行くことを優先すると、どうしても乗り継ぎが多くなる。でも、私は移動そのものがすごく好きなので楽しかった。

    まわりで長い休暇を取った人が「子ども優先にし過ぎた。自分の行きたいところへ行けばよかった」と言っていたので、まずは自分がずーっと行ってみたかったメキシコとモロッコ、次に子どもが喜びそうなドバイ、最後に親子ともども楽しい友だち家族と合流(友だちがプランを立ててくれてチェンマイ→バンコクの寝台列車に乗ってみることになった)と決めた。大人も子どもも楽しいことを、少しずつミックスしていってこういうコースになった。

    あまり子連れで行く人が多くない場所なので、まわりの人には心配された。私が子どもが一緒でも大抵どこでも行けるのでは、と思うようになった根底の記憶は、学生時代に大変愛用していたガイドブック・Lonely Planetの巻末に(少なくとも私が読んだものは)必ず「子連れの旅行者へ」という項目があったからだ。その土地を子どもと旅行するなら何をすると楽しいか、子どもと一緒なら何に気をつければいいか、ということが書いてあって、どこへ行くのでも自分のプランと気配り次第で子どもと一緒に行っても楽しめるんだな、と思ったから。こういう刷り込みは大事だ。

    Lonely Planet Tokyo -
    Lonely Planet Tokyo -
    日本版を「外国から来る人にはこんなふうに見えるんだー」と読むのも面白い。あと、Kindle Unlimitedだと無料でダウンロードできるものが多くて、今回本当に助けられた!

    行きたい町をつなぐ

    調べれば調べるほど、行きたい場所はたくさんあって、毎晩子どもが寝静まってからあーでもないこーでもないと本当に迷った。そして、決めた!と思っても、ハイシーズンな上、出発1ヶ月前を切ってるということもあり、空席なしになることもしばしばだった。でも例えば、マラケシュ→ドバイの便に空席がなくても、マラケシュ→ロンドン→ドバイにするとあったりするので、短期間で行くからフライト数が余る、けど乗りたい便に空席がない場合は経由地を増やすと見つかったりする。ただ、そうすると乗り継ぎが多くなるので、世界一周航空券にこだわらないなら、LCCで探したほうがいい。バンコク→チェンマイなんて、本当に数千円のチケットがいっぱいある。そうこうしているうちに、また行きたい場所への妄想が止まらなくなってくる…。

    今回は私がずっと行きたい場所をつないだので、乗り継ぎや陸路もそれなりに増えてしまったけど、行きやすい大都市をつないでいけばもっとムダのない旅路が組める。「今回は行けないけどいつか行ってみたいコース」とかもたくさん組んだ。こういう作業が心の底から好き。

    つづきます。
    posted by リョーコ at 09:08| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする