人気記事

    2016年08月28日

    ダイアログ・イン・ザ・ダーク@7歳10ヶ月

    C96D9A84-824B-41C2-8AD0-72BE01B662A0.jpg


    夏休み期間中は小学生500円だったので

    小2の長男とダイアログ・イン・ザ・ダークに行った。未就学児は入場できないので、次男はおるすばん。長男とふたりで出かけるのは久しぶりで、それだけでちょっとわくわくする。

    暗闇の中を8人組のグループで、視覚障碍のある方にアテンドしてもらいながら歩く90分間の体験。初めて白杖を持った。私たちは時間を間違えて(いつもそんなことばかりしている)、30分遅れで中に入った。同じグループのメンバーとの初対面が暗闇で、顔も年齢もわからない。他のメンバーはすでにすごく意気投合していて、テンションが高かった。途中からなじめるかな、と一瞬思った。

    暗闇では、歩いたり、座ったり、寝そべったり、飲んだり、食べたり、いろいろする。でも見えないから、すごく声をかけあって行動する。アテンドしてくれた方は、私たちが途中参加なことに気遣って、とりわけ息子にはよく声をかけてくれた。暗闇は最初はすごく不便だと思った。しかも、情報が減っただけでおもしろくないなと。

    でも、終わるころには全然違うことを思っていた。文字通り見知らぬ人なのに、お互い困ってることがありそうだと思うと、先回りして声をかけるのがだんだん普通になっていく。距離が近いのも、不快に感じない。視覚以外の感覚が自分には結構備わってるんだなあとも思った。息子は最初は私から離れなくて、私の気配が近くからなくなるとすぐ探してたけど、慣れてくると先導したり、それで感謝されたりするようになって、ひとりでも前を歩けるようになった。

    体験はものすごく短く感じた。遅刻して60分間しか体験していないけど、もっとずっと短く15分くらいしか経ってない気がした。周りが明るくなって他の人の姿が見えると、安心したというより、少し距離が遠くなったような気がした。少しさみしかった。顔が見えなくても、会話があれば不安はない。まわりに人がたくさんいても、何を考えてるかわからなかったらひたすら怖い。漠然と不安を感じるときに、どうしたらいいか、少しわかった気がする。

    かわいそうではない

    目が見えるようになったことを意識しながら電車に乗ると、私はふだん別に知りたくもないことを延々と目から取り入れてることが多いなあと思った。もっと目が喜ぶものを見たい。

    街の中で白い杖を持った人を見かけたら、大変そうだな、何か手伝えることはないかな、と思っていた。でも、実は私が思っているほど、そういう人たちは私が想像していたような、道を教えるとか手を引くとか、そういう助けは求めていないのかもしれない。視覚以外のことでわかることはたくさんあるし、そういう感覚を鋭く保っている人たちには豊かな世界があるのだと想像できた。暗闇の中でアテンドしてくれた視覚障碍者の方はとても頼もしかった。

    でも、まわりの人と会話できたら、安心だろうなとは思った。それは目の見えない人に限った話ではない。

    子どもと感想を語り合う

    帰り道、息子と感想を話しながら歩いていた。全然違う感じ方をしたところもあった。私もいろいろ思うところがあったけど、感想を押し付けないようにということだけ気をつけた。点字ブロックや、視覚障碍のある人用の信号や、券売機の点字を見つけながら歩いた。

    息子が、耳の聞こえない友だちと話す時にしていることを教えてくれた。口を大きく開けてしゃべる。ちょっとやりかたを変えるだけで、相手に伝わりやすくなる。伝えることをあきらめる必要はない。自分が気付いていないだけで、ほかの人は私に対して伝わりやすい工夫をしてくれているかもしれない。いろいろお互いさまなんだと思う。

    お互いさまなんだと思わないと生きづらいので、せめて自分のできる他人に伝わりやすくするための工夫はしたい。それをしていれば、自分を許せる幅も広がるから。だから誰かのためにやってるわけじゃなくて、結局自分のためなんだと思う。
    posted by リョーコ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2016年08月07日

    シンガポールへ行ってきました|シンガポール旅行7歳&3歳

    友だちに会うためにシンガポールへ

    9日間、子どもたちとシンガポール&インドネシアのビンタン島へ行ってきた。目的は長男の保育園時代にすごく仲良しだった子に会いに。去年転勤してしまって、10ヶ月ぶりの再会。ずっと友だちのおうちに泊めてもらって、子どもたち(それぞれ2人子どもがいて、両方同い年)は寸暇を惜しんで遊び、母同士は暑い場所に輪をかけて熱くおいしいものに情熱を燃やしたり、時には涙ぐみながら暑苦しいおしゃべりに花をさかせたりしていた。

    まったくのノープランで行ってしまったのでどうなるかなと思ったけど、毎日が楽しくてあっというまだった。これも、車で送迎をしてくれつつ子どもたちを見るのを一手に引き受けて私たちに時間をくれた、彼女のだんなさんあってのこと。本当にありがたい。

    飛行機はスクートで台北経由

    7歳&3歳になると、飛行機乗るの本当にラクになった。した準備はAmazonプライムで子ども向けの映画をiPadにいっぱいダウンロードしたくらい。台北経由のスクートは台北で途中降機があるけど、日系航空会社の直行便のほぼ半額で行ける。3席取るとなると結構大きな差なのです。

    モニターはないのでiPadを持ち込み、機内食は別途だし全然おいしくないので台北の空港で食べる。そっちのほうが断然満足度高い。私ひとり機内では爆睡し、子どもたちはふたりで映画見たり本読んだりして「ママよく寝てたねー」と言われた。おそるべきラクになり方。

    3年前に行ってみたい観光スポットはだいたい回っていたので、今回は新規で訪れたのは下記。

    セントーサ島
    AD6CA272-2FEA-4465-BAC1-D16454B7918A.jpg
    まったく興味なかったけど、子どもはたぶん喜ぶんだろうなと思っていったら、やっぱり子どもはすごく喜んだ。そして、私にとっても興味深かった。考えうるリゾートの遊び方がほぼその島の中に収まっていて、みんな週末になると駐車場がなくなるくらい大挙して訪れて、管理されて遊んでる!って感じがすごかった。楽しいんだけど。

    ユニバーサル・スタジオ・シンガポール
    21280C18-3AE5-4E89-A262-AB196208331F.jpg
    ユニバーサルスタジオジャパンは混んでそうで行ったことなかったので、空いてそうだし行ってみたいと思ったのです。でも、平日に行ったんだけど結構混んでた。身長制限のある乗り物に次男と並んだら、入り口と乗る直前の2回身長を計られて、入り口ではOKって言われて並んだのに、乗る直前にやっぱり3mm足りてないからダメ、と言われて、おこ。次男は「なんでのれないの?」と涙目だったので、ぎゃんぎゃん言ったら「監視カメラがあって君たちを乗せたら僕が仕事を失う」とか言われて、さらにぎゃんぎゃん言ったらファストパスをくれた。この融通の利かなさは、ぽいなと思う。

    でも、トランスフォーマーの3Dのやつはすごかった。乗り終わった長男と手をつないで「すごかったー!!!」と大笑いしながら園内を走ったのは、人生を走馬灯のように振り返るとき出てくる1シーンだと思う。

    ピナクルの展望台
    超高層住宅の住人用共有部分にある展望台。景色はもちろんすごい。そこで港やコンテナがきらきら輝くのを見ながら、船会社で働いていた母友が、どんな気持ちでその仕事に就いて何してたのか、って話を聞いてたらじんときてしまった。「シンガポールは子どもに自分の仕事を理解してもらいやすい」って言っていて、そうだよなーー私だってこんなの見たら船乗りになりたいよと思った。女性の船乗りもいるらしい。

    ふと目を落とすと、高層階に住んでる人の部屋の中が見えた。テレビを見ていた。こういう部屋に住む人って何をしててどういう価値観なんだろう、っていうのとこんな絶景の夜景があっても人はテレビを見るのだな、という感慨が入り交じり、夜景のいっこいっこの光の先すべてに自分の想像もつかない暮らしをする人がいっぱいいて、久しぶりに世界に対しての途方もなさを感じてぼんやりした。

    日本人学校
    長男の友人は平日はインターナショナルスクールに通いつつ、週末は本人の意思で補習校に通っていた。そんなに勉強してえらいなと思っていたけど、行ってみてわかった気がした。その中だけ本当に日本で、使ってるミニトマトの植木鉢まで一緒だった。そして日本の小学校にほんの数週間前に行った私でさえ、すごく落ち着く気分になった。数カ月、日本に帰っていない子どもにとって、そこがどんなに心を癒すかは想像できた。

    上の子たちは、1学期に国語で習って暗唱していた「スイミー」の一節を声をそろえて一緒に言っていた。とても離れたところに住んでいても、同じことを学んでいるってことがなんだか面白いようだった。

    チョンバルマーケット
    8D5F6DC1-2E8C-4B48-AD00-3F3CE41796A3.jpg
    市場。旅行で何が好きかって市場を見ることが好きなんです。野菜や果物も見たことがなかったり、はじめて嗅ぐような匂いがいっぱいで楽しかったけど、お花屋さんも素敵だった。シンガポールはどこも蘭があふれるように咲いていた。子どもは市場なんて好きじゃないのでお留守番を頼み、母同士で行った。

    買い物をして、近所で美味しい肉骨を食べて、パワフルで楽しい1時間だった。「子どもがいないとこんなに身軽にいろいろできるのか!!!」と言い合った。子どもはかわいいし、楽しいけど、時々亀仙人の甲羅を背負ってる気分になります。

    ビンタン島
    FA987EDF-6837-4628-B0B1-CD3CF969A345.jpg
    シンガポールからフェリーで1時間でインドネシアのビンタン島。すごく近いけど、シンガポールと全然違う。トイレには紙がないし、バスの座席はだいたい壊れてるし、虫もいっぱいいる。シンガポールではペストコントロールで蚊がいなかった。すごい。快適だけど、ちょっとこわい。

    ケーブルカー
    96D6BF01-E458-4030-A7F9-C6FD462D08C7.jpg
    セントーサへ行くときにケーブルカーを使ったら、夜景がきれいで、さらにUSSから上がる花火も見えて、ついでにマリーナベイサンズの近くにあるより大きいマーライオンが、ナショナルデー前でプロジェクションマッピングされていて、とてもよかった。長男は「自由研究はロープウェーをつくる!!!」とそれを見て意欲を高めていたので、乗った甲斐がありました。この旅行期間、宿題が完全に止まっていたので...

    だけど本当に楽しかったのは、観光以外だったかも

    友だち夫婦がすごく協力して家事育児をしている様子とか、子どもの宿題や習い事のためにしている声かけとか、料理のための時短テクとか、子どものために揃えている本のおもしろさとか、1週間生活をともにさせてもらって、とても感化された。彼女とはいつも1泊くらいの旅行だと全然話足りなかったので(子どもたちが夜泣きだなんだと起きたりするから)、とことんまでいろんな話をできてすっきりした。

    そして、料理上手で私以上に食い意地が張っている友だちなので、毎日本当においしいものばかり食べた。文東記のチキンライスやパラダイスダイナシティのカラフルな小籠包や、夜な夜なホーカーでラクサやホッケンミーの店舗ごとの味の違いを感じるのも幸せだった。彼女がさまざまな研究の末見つけたいろいろなシンガポール料理の再現法について聞くのもとても楽しいことだった。

    コンドミニアムのプールで5時間以上水遊びしたり(止めないといつまでやるのかなと思ったらそれくらいしてた)、トランプにはまってずっと一緒にやってたんだけど負けると泣いてたり、子どもとも本気で遊んだーって感じの休暇だった。すごくフォトジェニック、とかめちゃくちゃキャッチー、ではない毎日だったけど、こうして書いてみるといい日々だったな。

    友だちと私は「自分が楽しいことにいかに子どもを巻き込むか」というところがとても似ていて、「わかる!けど客観的に見ると超わがまま!」と大笑いした。そしてそういう母に慣れている子どもたちのたくましさにも感じ入った。子どもが独立したらふたりで旅行しようと口々に言い合いながら、大人になってから、子どもをきっかけに出会った人とこんなに仲良くなれるなんて、人生まだまだ何があるかわからなくて楽しいなあ、と思った。
    posted by リョーコ at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2016年06月18日

    おすすめガイドブック|台北旅行@7歳&3歳

    旅はガイドブックで決まる

    一般的なガイドブックは子連れで行くことは想定されてない(あたりまえ)。でも、どんな旅行にしたいかのイメージを膨らませるのに、ガイドブックはとても大事。こんなものが食べられる、こんなことができる、こんなものを売っている、すてきなイメージがあればあるほど旅行は楽しい。台湾は近いし、リピーターも多いから、たくさんのすてきなガイドブックが出ている。今回とっても参考にしたのは下記の2点。

    この本を読まなかったら台北に行かなかった!

    子連れ台北 -
    子連れ台北 -

    初めて行った時の印象が、いいとこだけど再訪するほどでもないかな、だったのにこの本を読んでから「早く行きたい!一刻も早く子どもたちと一緒に行きたい!!!」と思った。イラストレーターの佐々木千絵さんが、自身のお子さんたちと何度も台北に通って見つけた台北の楽しみ方ガイド。まず、イラストがめちゃくちゃかわいい。行く予定なくても、見てるだけでたのしい。そして、佐々木さんのセレクトするモノやコトや場所がいちいちツボ。佐々木さんに世界中の国バージョンでこれを描いていただきたい。

    私的台湾食記帖 -
    私的台湾食記帖 -

    台湾に長年通う料理家の内田真美さんがおすすめのお店を記したガイドブック。お子さん連れでも何度も行かれているので、その点も大変参考になる。私は予約して地図を検索しながら目的地へ行くことが得意ではないので、ガイドブックに載ってるお店に行くことは多くない。でも、この本に載ってるお店は絶対絶対ここに行きたい!!!と思い、そして行って後悔したお店がまったくなかった!!!すごい本です。写真もすばらしい。実際行って食べてもまたおいしい。何と言っても文章がたまらなく良いのです。本能に訴えかける。文章に愛がある。

    戻ってきてから参考にしたもの

    旅行を終えて、あの味を再現したいなーと思ったときに大変参考になったのは下記の2点。

    うちで食べる台湾式ごはん ~いつもの食卓によりそうやさしい中華料理~ -
    うちで食べる台湾式ごはん ~いつもの食卓によりそうやさしい中華料理~ -

    上記のガイドブックの著者の方のレシピ本。なのではずれがあるわけがない。ちゃんと作れば確かにおいしい。ただ、手順や材料が手軽とは言いがたい。合間に織り込まれるコラムもすてき。

    Winnieの台湾キッチン -
    Winnieの台湾キッチン -

    こちらのほうが、かなり手に入りやすい材料とマネしやすい手順。内田さんの本でちょっとくじけそうになった時はウィニーさんの本で、これでもできるんだ!と元気をもらってました。簡単だけど、ちゃんと台湾で食べたものを思い出せる味。

    ウー・ウェンのみんなで楽しい小麦粉料理 こねてのばして粉ものパーティー -
    ウー・ウェンのみんなで楽しい小麦粉料理 こねてのばして粉ものパーティー -

    台湾料理じゃなくて北京料理だけど、私は台湾で食べて感動したのは粉もの料理だったので、帰ってきてから葱餅とか包子とかを再現したくてとても参考にした。本当にわかりやすい。そして楽しい誌面。見てるだけで幸せ。

    おいしいものを食べて、おもしろい本があれば、人生だいたい大成功!
    タグ:台北旅行
    posted by リョーコ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする